FC2ブログ

プレミア2020-2021「チェルシー対リバプール」感想 最終ラインのポジショニングとか 

気がついたら、シーズンが始まっていた感じなので、とりあえずリバプール戦から。

昨シーズンは「ランパード・チェルシー=生え抜き優遇」な感じもありましたが、今シーズンは、その流れを組んでいるのかは不明というくらいお金かけて補強したみたいで。個人的には、補強大歓迎ですが、生え抜き云々に関しては、追々、考察したいと思います。

というわけで、リバプール戦。新戦力では、前節から出場している、ヴェルナーとカイ・ハフェルツ(という表記で合っているのかな?)が、今節も先発で出場しました。そのほかは、おなじみのメンツ。新戦力の2人は、まだチームとしてフィットしてない&プレミアに慣れてない感じ。少し物足りないところはありますが、まぁ、この時期では出来としてこんなもんでしょう。ただボールがないところでの動き出しやポジショニング、ボールを持ったときのプレイは悪くなさそうですので、将来的には期待できそう。怪我しないことを祈りつつ、調子が上がるのを楽しみにしたいですね。

前半はリバプールがポゼッション率高めで、チェルシーは引いてカウンター狙いという感じでしたね。正直、いくら前回王者のリバプールとはいえ、スタンフォードブリッジでの試合だし、もう少しポジェッション率が上でもいいのにと思って見てました。最終ラインのクリステンセン、ズマは正直、守備力は高くないと思っているので、そういうサッカーしたいなら、最終ラインの補強が必要なのかなと。まぁ、チアゴ・シウバを獲得したのは、そういう意味では期待大なのですが、この試合は「最終ラインは弱くても、ポゼッション率は高くない差サッカー」な感じでしたので、不安でいっぱいでした。

で、前半終了間際のクリステンセンのレッドカードになるわけですが、いろいろ問題点はあるのでしょうが、一番は最終ラインの2人のポジショニングが悪いよね。初めてコンビ組むわけではないんだから、もう少し相手を考慮してポジション取るべきだったのではないかなと。リバプールのセンターバックと比較すると、まさにそこが一番の差なのかなと思った次第です。

失点シーンですが、まぁ1失点目は仕方がないとして、2失点目。ケパの凡ミスといえば、それまでななんだけど、結局は最終ラインでの不安定なパス回しをチームとして「よし」としているのが駄目なんじゃないかな。ポジショナルプレーとか、まだ流行っているのかしらないけど、要はその類の問題として、「チェルシーのチームとしてのポゼッション」に問題があり、それ故のミスだったと個人的には思う次第です。

ランパード監督の戦術に関しては、正直、それほど語ることはないと昨シーズンから思っているのですが、今シーズンは「いい意味」でいろいろ語らせてくれることを祈ってます。

サッカー ブログランキングへ




スポンサーサイト



Posted on 2020/09/21 Mon. 18:35 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

プレミアリーグ「チェルシー対ノーウィッチ・シティ」感想文 選手の起用法 

ジルーとエイブラハムの2人をシーズン通して、どう起用するのか? 

シーズン当初はエイブラハムで、彼が怪我で離脱した以降はジルー? みたいな感じで、なんとなく振り返ると結果としては「2人をうまく起用している」感はあるのかな? 選手にとっても、ファンにとっても。

この2人だけでなくチーム全体としての選手の起用法については色々意見があると思うのですが、ランパード監督の選手起用法について、個人的には「今季に関しては、それなりにうまくやっていた」という風に感じてます。

正直、ランパード監督の起用法のポリシーというかルールが理解できているわけではないのですが(笑)。

ランパード監督には、きっと「固定」と「ローテーション」のバランスや、彼自身が考えるルールというものが存在するのは間違いないのでしょうけど、前にも書きましたがラニエリのような「ティンカーマン」要素があるようにも思うわけで。逆にそれがいいのかな?

選手の起用法は監督の特権ですし、好きなようにやればいいのかもしれませんが、一方で、それが「結果に結びついているか」「選手を納得させられているのか」「見ているファンを納得させられているのか」ってのも大切であると思うんですね。

選手の起用法に「正解」はないと思いますが、ただ、「意図」や「狙い」は間違いなくあるわけです。

たとえばモウリーニョ前監督。彼はチェルシー監督時代は選手をある程度「固定」することで、戦術の浸透やチーム戦力の安定を図り、チームを強化していた感があるのですが、その一方で「選手層」「選手の疲弊」問題というのをシーズン終盤に抱えながら戦っていた感じではありました。もちろん、コンディションを維持できるトレーニングとか戦術とかも駆使して、その対策を施していたんでしょうが、一方で「若手の育成」については、なかなか解決策を見いだせずに戦っていた感じはありました。

「育成か結果か」という2択で「後者」という感じで、選手やファン、フロントを納得させていた感はありましたが、「本当にその2択しかないのか?」って疑問もあるには、あったのかな?

「育成か結果か? もちろん両方」

ランパード監督が、そう答えるのかは不明ではありますが、今のチェルシーがアブラモビッチ体制以降の「結果オーライ」思想からの脱却を図っているのかは、もう少し様子を見る必要があるのかな?

まぁ、普通に考えて「結果を問わない」はないですよね。

あ、ノーウィッチ・シティ戦については全く触れてませんですが、プリシッチにはがんばってほしい。


サッカー ブログランキングへ






Posted on 2020/07/17 Fri. 09:20 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

プレミアリーグ「チェルシー対マンチェスター・シティ」感想文 スタイルよりも結果 

ポゼッションとかポジショナルプレーとか、確かにかっこいいよ。みんなの憧れのサッカースタイルでもあるのでしょうし。
実際に強いし、見てて面白いし、魅力的。

チェルシーもサッリ監督のときに、そのようなスタイルへ向かおうとしていた節もあった。アブラモビッチ総帥も、そのスタイルをご希望されているという噂もある。きっと、ファンのみんなも、そのはずでしょ?

だが、残念ながらサッリ招聘は失敗した。思ったより、勝てなかったし、多くのファンの反応もよくなかった。サッリはグラウディオラではないし、バルセロナでもない? グラウディオラをなんとかして呼べ? 無理無理。というか、ファンは本当に「ポゼッション」とか「ポジショナル」が望みなの?

きっと、ポゼッションとかポジショナルなスタイルで勝てれば、みんな幸せなんでしょうが、スタイルと結果どちらがいい?となれば、
結果なんでしょう? チェルシーってそういうチームなんだ。きっと。

そう。「スタイルよりも結果でしょ?」という思いのファンが思ったよりもいて、チェルシーのフロント的にも、そのスタイルのほうが取り組みやすかったということ。

というか。気がつけば、チェルシーは金満でなくなったし、世界から一流選手を集めるという立場でもなくなったし、サッカー界全体もトランプ大統領ばりのドメスティックな方向に向いかけているように見えたりして、進むべき方向性はある程度限られていた。

サッリはイタリアが恋しかったし、アザールはロンドンに未練はなかったことも影響したのかもしれないが、きっと進むべき道は「結果」と「ドメスティック」の融合ということになったんでしょう。というか脱金満がすべて?

ランパードが監督になった経緯はそんな単純なものではなかったのでしょうが、このタイミングでグラウディオラのシティ相手に勝利という「結果」を残せたのは、今のチェルシーを取り巻く状況から考えると、すごくポジティブなことであったと思う。

スタイル的にはモウリーニョ時代への回帰のように見えたけど、見方によってはサッリ時代への決別にも見えるし、金満への決別やワールドワイドへの決別のようにも見えた。

アンチフットボール? ノンポゼッションスタイル?

グラウディオラやバルセロナの真似はできないんだから、その対策に徹するスタイルで戦うのがベストじゃない?

チェルシーは「スタイルよりも結果」が大切なチームなんだから。


サッカー ブログランキングへ






Posted on 2020/06/30 Tue. 09:16 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

プレミアリーグ「アストン・ビラ対チェルシー」感想文  カンテの正しい使い方とティンカーマン 

選手たちにとって無観客試合の影響がどれくらいあるのでしょうか? 具体的にはわかりませんが、テレビで試合を見ている方からすると、「緊張感が感じられない」というと失礼でしょうかね。

ぶっちゃけプレシーズンマッチを見ている感じというか、公開練習を見ている感じに近いと言っても過言でないのかなと。ボールを蹴る音が、ある意味虚しくスタジアムに響き渡るこの感じは、なんとも本番感が薄いんですよね。

コロナ禍ですので、それでも試合が見れる喜びのが強いかもしれないけど、いつもと違う感じがするのは確か。特に「サッカーを見るよりも応援することのほうが楽しい人」たちにとっては、この違和感は強いのではないでしょうか。まぁどうでもいいことのかもしれないけど。

というわけで、アストン・ビラ戦。

パスを回して、サイドでフリーな人を作ってセンタリングという、定石というかリスクが少ない攻撃パターンは理解はできます。別にそれはそれで正しい。すばらしい。で、確率的にはたぶん、1試合で30回くらいそのパターンを繰り返したら、きっと「相手がミス」し「味方同士のイメージが合致」し「こちらがミスしない」という3つの要素が重なって、ゴールが生まれるんでしょう…。な~んてことを思いながら、ボケッと「公開攻撃パターン練習」を見ている感じの前半戦だったのですが、前半終了間際にアストン・ビラに先制されるという、ありがちな展開に突入。コロナ前にも、よくあったなこの展開。みたいな。

で、後半。開始早々にランパード監督がプリシッチとバークレーを2枚交代すると、チェルシーにチャンス到来します。その交代した2人が左サイドで積極的に攻撃参加することによって生まれた、アストン・ビラの守備陣のマークが乱れを突き、右からのクロスにプリシッチがフリーでボールに合わせて同点ゴール。

ランパード監督の采配が成功といえばそうなんでしょうけど、「やられる前にやろうよ」というのが本音。本来ならチェルシーが先制して優位に試合を進めないといけないわけで、そう考えると「采配が成功」とは言えないみたいな感じです。

で、その数分後に、今度は左サイドを崩してジルーが続けざまにゴール。逆転。センタリングしたのは、逆サイドから攻撃参加したアスクリピエタだったかな? そのような積極的なポジションチェンジが絡むと、やっぱゴールは生まれやすくなるよね。決めたジルーもさすがでしたが、リスクを冒して攻撃参加できたのが功を奏したと思う次第です。

カンテをアンカーで起用する意味は、守備が基本なんでしょう。で、そこからさらに考えを進めて、「彼がアンカーで守備はするから、サイドバックや他の中盤の選手はガンガン攻撃参加しよう」というのが、正しいカンテの使い方?

もちろん、カンテ1人で全範囲を守れるわけではないとは思いますが、チェルシーが彼をアンカーで起用するのなら、それくらいのリスクを持ったビジョンが必要なのではないでしょうか?

にしても、ランパードはなぜにロスタスチークを先発で起用したのか?

もしかして、彼の本当の師匠は”ティンカーマン”ラニエリ?


サッカー ブログランキングへ






Posted on 2020/06/23 Tue. 00:27 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

プレミアリーグ6月再開? 無観客試合と飛行機嫌いのベルカンプ 

新型コロナウィルスの影響で中断中のサッカープレミアリーグですが、6月に再開する可能性が出てきたみたいですね。
再開するとしたら無観客でテレビ放映のみとなるのかわかりませんが、果たしてどうなるのでしょう。

こういう状況下なので、このままシーズン中止としたほうがいいとか再開すべきとか、いろいろな意見があるのだと思いますが、ぶっちゃけ「今シーズン」だけの話でなく、「来シーズン以降」もどうするのかって話である気はします。

通常ですと毎年8月、9月あたりから新シーズンが始まるわけですが、日本の状況をみると9月くらいのイベントが中止となっているケースもあるわけで。普通に考えると、8月から通常同様に新シーズンが開始できるとは思えないんですけどね。日本より感染の状況が悪いヨーロッパで。まぁ経済の影響も無視できない昨今、強制的に行う選択肢ももちろんあるんでしょうけど、8月から開催するにしても「無観客試合」でスタートとなる可能性も高いのかなと思う次第です。

というわけで「無観客試合」。

これまでもサッカーでは「無観客試合」ってあったと思うのですが、イメージ的には、なんらかの「ペナルティ」でそうなっていた場合が多かった気がしてします。「無観客=ペナルティ」の意味は、なんなんでしょう? 基本は収入面でのペナルティという要素が強いと思いますが、お客さんがスタンドにいないことによる、選手のプレイへの影響ってあるのでしょうか? 実力を出せる人、出せない人など選手によって個人差がある気はしますが、そもそも、この状況下ですと無観客であれ「プレイしたい選手」と「プレイしたくない選手」の両方がいておかしくないんでしょう。

必ずしも全選手が「コロナの状況下でもプレイしたい」というわけではないはずで、場合によっては「試合でプレイすることを拒否」する選手が出たとしても、おかしくない気はします。

例えとしては適切ではないかもしれませんが、その昔、アーセナルに在籍していたベルカンプ選手が飛行機嫌いで、そのために試合に出ないケースもあったと記憶してますが、今回の「コロナ状況下でのプレイ」はそれ以上の問題であるのは確かかなと。

というわけで、今後のプレミアリーグの動向は「選手の意向」についても注目すべきですかね。


サッカー ブログランキングへ






Posted on 2020/05/16 Sat. 10:36 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2020-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30