FC2ブログ

プレミア「チェルシー対スパーズ」感想文 前半の途中までは厳しい試合でしたが… 

前半途中まではスパーズの素早いプレスに苦しんで、ポゼッションもカウンターもできない感じで、その時間帯のチェルシーはスパーズにうまく「3バック」を攻略されている感じでした。

今のチェルシーの3-4-3システムは自陣で守備する場合ウイングバックが最終ラインに入って5バック的に守るのですが、最終ラインに厳しいプレスをかけられると、クリアするのが精一杯で前線にボールを運べないんですよね。まぁ、それは4バックでも同様なのかもしれないですが、今のチェルシーの3-4-3を攻略する1つのポイント「ウイングバックに攻撃させないこと」であるのが、改めて露呈した感じとでも言いますか。

もちろん、相手だって180分フルにプレスを掛けることができるわけではないので、プレスがゆるくなれば、逆に「ウイングバックシステム」が威力を発揮するわけで。この試合も結果、その通りにスパーズの守備がすこし緩んだところで、うまくサイドから攻撃を仕掛けて逆転できたのはすばらしかったかなと。というか、前半の厳しい時間帯によく一失点でしのいだ。これが勝因?

で、改めてチェルシーのコンテ式3-4-3を整理すると、以下の感じか?

主な守備時 ⇒自陣で低いラインの場合は、ウイングバックが最終ラインに入り、2列目が中盤に入る「5-4」ブロック。
  
主な攻撃時 ⇒3バックの両輪が大きく開いて、3人で最終ラインを形成。で、ウイングバックが中盤から前目にポジショニングをとり、その結果「3-4-3」⇒「3-2-4-1」という感じに陣形が推移。アザール、ペドロの2列目がトップ下に近い位置でプレイしたり、サイドから仕掛けたりと、プレイに幅が出るのが特徴。「3-2-4-1」の「4」部分がゴールに絡むプレイができるのが、今のチェルシーの強みかなと。

 最後に、各々のゴールシーンをプレイバックしておきます。スパーズのエリクソン先制ゴールとチェルシーのペドロの同点ゴールは似た感じ? どちらもバイタルエリアで相手の守備に穴ができたところからのミドルシュートでのゴールしたが、守備の問題というよりも「シュートの技術がすばらしかった」ってことにしたい気がします。こういう2列目の選手のプレイは、個人的には理想の形の1つかと思ってまして、どんどんシュート打つのはいいと思うのですよね。もちろん、枠に飛ばすのが前提ですが。
 で、チェルシーの決勝点。これは、コスタのセンタリングが素晴らしかったのはもちろん、上で述べたようなウイングバックをうまく攻撃に絡めた、こちらも今のチェルシー攻撃陣の理想の形だったのかなと。特に、コスタがフィニッシャーとしてだけでなく、チャンスメーカーとして機能しているのは驚きというか、なんというか(笑)。フォア・ザ・チームなプレーもできるんだ。みたいな。決めたモーゼズももちろん評価ですが、どちらにせよコンテの3バックシステムならではゴールだったということにしておきましょう。見事。

というわけで、チェルシーの見事な逆転劇でしたが、3バックしてから各選手の仕事が明確化したせいか「チームとして連動している」感じがするのは、いい傾向なんでしょう。この調子で、勝ち点を積み重ねていきましょう!


サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

Posted on 2016/11/27 Sun. 22:36 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

プレミアリーグ「ミドルズブラ対チェルシー」感想文 というか3バックについて再 

3バックにしてから好調のチェルシーですが、その要因について改めて。

・アザールの守備負担が軽減された

 アザールというか、要は「ウイングの守備」の負担が軽くなったことは3バックにしたことのメリットではあるのでしょう。これまでの「4-2-3-1」ですと、ゾーンで守る場合「3」の両ウイングに相手のサイドバックの攻撃参加をケアさせる感じだったので、結果として「最終ライン近く」まで守備を強いることが多かったわけです。で、アザールがそれをこなしきれずに失点というシーンがちょくちょくあったわけですが、3バックにしてからはその役回りをアロンソやモーゼスといった「ウイングバック」に任せることになったんだすね。その結果、アザールをある程度、攻撃に専念させることができるようになったのは好調の要因のひとつかなと。もちろん、ウイングバックの負担は大きのですが、最終ラインがとりあえずは3人いるので、ウイングバックが多少ヘマしてもそれ程問題になってないのが現状か?

というか、チェルシーは今のアザールのチームなんで、彼を王様にする手法がいいのは当たり前ということか

・サイド攻撃が分厚くなった

 これまでもサイドバックが攻撃参加できていたこともあったんですが、3バック+ウイングバックにしたことで右が「ペドロ+モーゼス」、左が「アザール+アロンソ」というふうに「ダブルウイング」のような布陣となって分厚いサイド攻撃ができるようになったのはポイントでしょう。サイドおける数的優位な状況はもちろん、ウイングバックがシュートに絡むシーンもちょくちょくあるので、「崩しの場面」と「フィニッシュの場面」において「4-2-3-1」の時よりも人図が多いように感じるのは錯覚? って、オスカル、セスクといった、今までそれをしていた「中盤がいなくなった」代わりに、その仕事をウイングバックがしていると考えれば、プラスマイナスゼロですか。

・中盤の創造性は限りなくなくなった?

 前にも書いたけど、ウイングバック制にしてオスカルやセスクを外したことによる、いわゆ中盤の創造性の損失という問題はあります。ただ、正直、現状のチェルシーにおいては「中盤の創造性」はあまり必要ないことも、証明されつつあるのかもしれません。というか、もともと、そんなものはいらなかった(笑)? もちろん何度もいうけど、チェルシーのレジェンドであるランパードのような得点・決定力がある中盤の選手がいれば話は別なんでしょうが、そういう存在がいない今、そこを削ぎ落として「サイドの攻撃力+守備力を増強する」ほうが賢いのかな。今の結果がそれを物語っている気もしますが、そう断言するのは時期尚早かしら。この調子で年末年始まで乗り切ってもらいたいところですね。

・ヨーロッパの戦いがないので、スケジュールが楽ちん

 当然、チャンピオンリーグに出てないのでスケジュールが楽ちんといのも好調の要因の1つでしょう。例の控えのガズ抜き問題にはいつから着手するのか? それともしないのか?

うーん、前に書いた内容とかなり被ってますね。すみません。ネタ切れです。


サッカー ブログランキングへ

Posted on 2016/11/23 Wed. 22:23 [edit]

CM: 2
TB: 0

top △

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」と「ガーリッシュナンバー」の大きな違い 

改めて考えてみれば、ヒット作「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」は、今時のリア充的な高校生をディスっていただけの作品だったとも言えるのかな。もちろん、単にディスるだけではないんだけど、ある意味、そこが「リア充憎し」なオタク層の共感をよんだというか、ハートを掴んだところであったと。


もちろん、主人公の比企谷八幡は完全なるオタクとして描かれていたわけではないですよ。けど、視聴者であるオタク層が勘違いして「まるで自分自身のように脳内変換できる」キャラクターであったんですね。特に、比企谷八幡の「自分を犠牲にして事件を解決する方法論」が「オタク的手法によるヒーロー演出」としてうまく描かれていて、オタクの共感をよんだところは原作者の見事な手腕であったと思うわけです。このやり方なら、確かに非オタでもヒーローになれるみたいな「リアリティ」があった。そこが新しかったすごかったなと。で、もちろん比企谷を取り巻く2人(3人?)のヒロインも、うまく「非リア充」に描かれていたし、比企谷八幡(オタク層の代表)のよき理解者であったことも、作品がおもしろかった理由であるのは言うまでもないところです。


まとめると、あくまで作品のテーマ的にはリア充をギャフンと言わす単なる「非リア充視点」なんだけど、結果としてそれがオタク達には「オタクがリア充をやっつけている」ように見えた「オタクのヒーロー物語」みたいな感じ。

そう、結果として「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」という作品は、オタク達に「俺達はリア充よりもすごい」という幻想を与えたところが、これまでにない新たなオタク視点の物語だったわけです。


で、その「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」と同じ作者が絡んでいる作品として期待していた、今TVアニメがやっている「ガーリッシュナンバー」なる作品についてなんだけど…。結論から言うと、こちらは残念ながら、そんな「オタク達が共感できる視点」で描かれてないんですよ。少なくとも、私が見た範囲では。というか、むしろオタクの世界をディスっている感じ。

まぁ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」は、今時のリア充的な高校生をディスることでリアリティを演出していたところもあったと思うので、原作者からすればそれと同じ手法で、今度はオタクの世界をディスってリアリティを演出したかったのかもしれないけど。うーん、そこの視点を変えちゃダメダメだと思うんですよ。

だって、だって、視聴者の大半がオタク層なんだですから。そこを敵に回す意味がわからない。オタクの啓蒙活動したかったのかもしれなけど、それをするにしったて、やっぱこの作品にも「比企谷八幡」のような視点が必要だった気がするんですよね。オタク的な
視点が。何度もいうけど、視聴者のほとんどはリア充でなくオタクなんだけど、そんなオタクが共感できる視点から描かないと厳しいですよ。それがすべてです。

Posted on 2016/11/15 Tue. 01:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

ウォーキングデット シーズン7 「悪意という名の街」について 

シーズン7。グレンがああなってしまい、個人的にはちょっとおもしろくないんですが、まぁ仕方がない。

第3話で、ジャムの名曲「Town Called Malice 悪意という名の街」がバリバリ使わていますが、内容とバッチリはまっている感じだったのは流石。というか、まぁ、わかりやすすぎ?

ただ正直、ここまで見てる感じニーガンの「恐怖政治」がなぜにここまで機能しているのかが、イマイチ伝わってこないと思っているのは私だけでしょうか?

もちろん「残忍さ」は表現できているとは思うけど、その「残忍さ」=「恐怖政治が成り立つ」ではないと思うわけで。まぁ、そのあたりの理由はこれから語られるのかもしれませんが。

というわけで、ポールとノエルの「悪意という名の街」をどうぞ。


Posted on 2016/11/14 Mon. 01:24 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

最近のチェルシーについて 3バックはいいけど… 

3バックにしてから好調ですが、その1番の要因はやはりサイドから分厚い攻撃ができるようになったことですかね。あと、少々遠い位置からでも積極的にシュートを狙うようになった感じがすることもいいなと。

ただ、気になるのは3バック以降のチェルシーは、良くも悪くもスタメンレギュラーが固定していることでしょう。
もう少しローテーションしないと、控えのメンバーの不満なども出てくると思うんですよね。

特にオスカル、セスクあたりはベンチを温めることが多くなっているので、コンディションとモチベーションの状態は気になるところ。この様態が続けば、この冬にチームを去ってもおかしくないかな。まぁ高給取りは他のチームからすると取りづらいところもあるかと思うので、そのあたりの要因がどう影響するかにもよりますが。



サッカー ブログランキングへ

Posted on 2016/11/14 Mon. 00:54 [edit]

CM: 2
TB: 0

top △

2016-11