FC2ブログ

ハリル「ポゼッションがすべてではない」というメッセージの危険性について 

私が日本に来てから、指導者の方からもメディアの方からも、「ポゼッション」という言葉を耳にする。そして日本のサッカーの教育は「ポゼッション」をベースに作られていると感じた。もちろん、点を取るためにはボールが必要で、ボールを持つことが「ポゼッション」だ。だが、相手よりボールを持ったからといって勝てるわけではない。なので、ポゼッションが高ければ勝てるというのは真ではない。
引用元



言いたいことはわかりますが、デリケートな内容であったと思うので、もう少し言葉の配慮は必要だった気はしますね。
これだと「ポゼッションは悪」という言動に誤解されやすいと思うし、もしそうだとするならそうは違うと思うので。

もちろん、「ポゼッションが高ければ勝てるというのは真ではない」は間違いではないと思うのですが、だからといって「ポゼッションする必要はない」は違うと思ってます。

特にサッカーの指導をする上で「ポゼッション」は重要な要素であると思いますし、練習でそれを磨くことは「良いこと」であって「悪いこと」ではないと思うからです。

あの、アンチフットボールの代名詞的なモウリーニョ監督だって、別に「ポゼッションは悪」だなんて思ってないと思いますし、練習では逆に「ボールを使うこと」にこだわっていたと
記憶しております。

「ポゼッション」「ノンポゼッション」の2つに大きく分類すると、「ボールを使うこと」は前者の要素が強いと思いますし、ボールを使う技術を磨くことには何の問題もないと思うからです。

まぁ、ハリル監督は「過度のポゼッション重視は違う」と言いたかったのでしょうが、そういうニュアンスでは伝わってないと思いますので、もう少し言葉を選ぶべきだった気はします。

繰り返し言いますが、サッカーにおいてポゼッションは悪ではないですし、むしろ、それがベースであるはずです。

『日本のサッカーの教育は「ポゼッション」をベースに作られている』とハリルは言うが、それってダメなのか悪なのか? 

というか、「教育」って、どのレベルでの教育を差すのかわからないですし、そもそも、他の国のサッカー教育はポゼッションはベースになってないのであろうか?


「ゲームプラン・コントロールに合わせて準備しなければならない。例えば引いてブロックを作り、深い位置で守る。それもひとつのやり方」というのはわかりますが、あまりにそれを誇張すると「日本でもサッカーがより人気のあるスポーツになってほしい」という方向に逆行してしまう恐れがあると思うんですね。
 
 


サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

Posted on 2017/09/30 Sat. 10:30 [edit]

CM: 2
TB: 0

top △

プレミア「ストーク対チェルシー」感想文 サッカーとは基本つまらないスポーツですが。 

酷評したあとにその選手が活躍するというのはこのブログではよくあることですが、その例の通りモラタ選手がハットトリックの大活躍でした。

ストークの守備が「あれ」だったことは多分にありましたが、それでも、きちんと結果を残せたのは事実ですし立派です。連携というよりも個人の技でゴールした感じでしたが、ゴールの嗅覚的なものは備わっていることが証明された気もしますので、そこは評価したいですね。この調子でがんばってもらいたいです。

というわけで、試合は早い時間にチェルシーが先制して、その後も危ないところがない展開に終始した感じで「ブリタニアでのストークは気をつけろ」という格言が嘘のような楽な展開となりました。ストークに怪我人がいたかとかよくわからないですが、手強いときの「ハードな守備と高さ攻撃」がなく、特にストロングポイントを見いだせないまま試合終了となったのは敵ながら心配です。もう一度、自分たちの原点に戻ってストロングポイントを確認していただき、他のビッグクラブからしっかりと勝ち点を奪っていただきたいものです。

チェルシー的には若いセンターバック陣がそれなりに機能したのは収穫でした。采配ではイエローカードをもらって弱っていたマルコス・アロンソをい時間帯で交代させたさせたのは見事でした。変に退場者出して数的不利になると厳しかったと思うので、そのあたりの状況に応じた采配は流石ですね。

選手ではウイリアンとバカヨコがいまいちだったのを除けば、あとは全員合格点だったという感じでしょう。

というか、要は特に語ることのない凡戦だということでしょうか。サッカーのつまらなさを凝縮したかのような。まぁ、サッカーとは見る人によっては、基本つまらないところがあるスポーツであると思っているのですがね。それでも見るのは、宗教的な何かに近い感じ? 以上です。



サッカー ブログランキングへ

Posted on 2017/09/24 Sun. 19:15 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12』読書感想文  

TVアニメでを見て「どんなエンディング」になるのか気になっていたので本を購入したんですが、冷静に考えれば「エンディング」に向かうと思っていたのは、TVアニメで適当にお話を楽しんでいたこちら側の勝手な憶測だったわけでして。よく考えれば、ここで物語を「終わらせる理由」なんて、どこにもなかったんですよね。物語の流れ的には。

ただし、「物語の流れ」的には終わりにする必要はなくても、「作者のやる気」によってエンディングへ向かうものも多々あるわけでして。

どちらかというと、この作品には「その匂い」があって、ここでエンディングを迎えることを想像していたんですが、結果的には杞憂に終わった感じでした。杞憂という表現は変ですかね。まぁ、もともと作者にやる気はあったのかもしれないし、なかったけど復活したのかもしれないし、もっとビジネス的な要因が働いたのはわかりませんが、どちらにせよ、アニメ2期ラストの「次の展開に、物語の最後を想像させた展開」が見事だったのは確かだったということでしょうか。

まぁ、「アンチラブコメ」作品を装いつつ、物語の展開ととともに「ラブコメ」要素の比重が高くなってきてしまい、そこに違和感というか「どう折り合いをつけるのか」に興味があったわけで、この巻で結論を出さず「先延ばし(?)」させた展開は、正直、ちょっとお腹いっぱい感がしました…。

ただ、「本物探しに旅」の新たな要素(?)として「本物なんて、いらない」という思想が出てきたのは、今後の展開を期待させてくれる要因であった気はしましたね。

というか、ぶっちゃけ「もう3人というか4人の恋の結末がどうなるか以外、お話的に楽しめない」というのが、個人的なこの感の感想ではあるのですが(笑)。正直、新たな「ダンスパーティ」企画が成功しようが失敗しようが、どうでもいいみたいな。まぁ、その企画と恋の結末は密接に絡んでいるのでしょうし。って、どうやら、あと2冊だして終了宣言されたみたいですね。ソースは誰かのTwitter。

エンディングがどうなるか、非常に楽しみですが、いわゆる単なる「ハッピーエンド」になることは想像し難いわけでして。

個人的には、映画「ゴーンガール」のような、見ようによってはハッピーエンドの見えるし、アンハッピーエンドにも見える的な形を期待したいところです。たぶん、そうなるんでしょうが。

ちなみに、以下の記事で「スラムダンク」の最後がよかった的な意見があって驚いているのですが、これどう考えても「作者のやる気がなくなって、適当に終わらせた」としか解釈できなかったんですがね。

スポーツものにありがちな「主人公はラストに優勝」の風潮を打ち破る「途中敗退」、新体制のバスケ部、リハビリに努める主人公など非常にリアリティのある最後に仕上がっていました。
引用元


「リアリティ」とか適当な言葉で飾っていますが、物語全体に特にリアリティがあるわけではないので、その評価は違うかなと。

話し変わるけど、コメント書いていただくのは非常にありがたいですが、仮名でもいいので、名前は書いて欲しいですね。コメントに責任のない匿名さんとシャドーボクシングするのは、アホらしいと思ってますので。

Posted on 2017/09/23 Sat. 13:09 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

アーセナルも採用するとなると、3-4-3は4-4-2の進化系なのか? 

アーセナルの3-4-3とチェルシーのそれが同じかどうかはわかりませんが、アーセン・ベンゲル監督が昨日の試合というか、今シーズン3-4-3を導入していることは非常に興味深い。

昨シーズンから採用しているチェルシーに倣ってだとすると、要は戦術的なトレンドからの採用ということになるんでしょうか。

そのあたりのトレンドについて詳しくないのですが、単なる4-4-2以前の戦術への回顧というよりも、従来の4バックからの?進化系という位置づけになるのだとしたら、それは非常に興味深い。まぁ、その昔のウイングバックを配した3-5-2への回顧とも言えるのかもしれないですし、コンテ監督がイタリアから持ち込んだものと考えるとトレンドもクソもないとも思っているのですが、アーセナルがそのシステムを採用となると、もしかしてと思うわけでして。まぁチェルシーの場合、キーマンとなるアザールを活かすため&サイドバックの人材不足を補うためのシステムって感じでしたので、「トレンドの戦術ありき」って感じではなかった気はしていたのですが、アザール的な選手がいるわけでなく、サイドバックの人材も豊富なアーセナルがそれを採用となると、ちょっと考え方を変えてもいいのかなって気がしたわけでして。

というわけで、以下、新しい戦術のトレンドとした場合に、その「3-4-3」の主な特徴についてまとめておきましょう。

・「守備時5バック⇒攻撃時3バック」という攻守のシステム的なメリハリ。
・ウイングバックを採用することで、4-2-3-1の時に起こりがちな「前後分断」を解消。
・従来のウイング的な攻撃のコマの守備範囲を軽減。
・3トップのトラインアングル、ウイングバックを中心としたトライアングルなど各所でコンパクトな形を作りやすい。

もちろん弱点はありますし、アーセナルの3-4-3はチェルシーのものと同じでないかもしれませんが…。


サッカー ブログランキングへ

Posted on 2017/09/18 Mon. 14:08 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

プレミアリーグ「チェルシー対アーセナル」感想文 こりゃ、プレミア連覇は厳しいな 

今シーズン、チェルシー初観戦ですが、あまり補強がうまくいかなかったみたいですね。

マティッチ選手は個人的にはあまり好みの選手でないのですが、このチェルシーの3バックシステムで考えると彼がいなくなった影響というか、彼に変わってセスクが出ることによるバランスの悪さみたいなものは昨年同様ですね。この試合の後半にバカヨコ選手が投入されますが、それって要はコンテ監督が「中盤の力不足」を感じたからなんでしょう。セスクの攻撃力はすばらしいですし、彼をボランチで使うことは個人的には好みですが、やっぱ守備面では不安定な面はあって、アーセナルレベルの相手ですと厳しい部分もあるのかなと。

何よりもセンターフォワードがねぇ。モラタ選手もすばらしいですし、動き出しとかポジショニングとか悪くはないのですが、コスタの決定力というか存在感と比較するとかなり物足りないのは事実。

スポナビライブの解説ではチェルシーのフロントの仕事はすばらしい的なコメントしてましたが、個人的にはそうでもないのかなと思った次第です。現状では明らかに昨シーズンよりもレベルダウンしていると思うし、そのちょっとした「違い」が選手のラフプレイにもつながっている気はします。レッドカードが多い理由ですね。

この引き分けで、たぶん今期の優勝は難しくなったと思いますが、4位以内を確保できるようにがんばってもらいたいです。


サッカー ブログランキングへ

Posted on 2017/09/17 Sun. 23:43 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

自分たちのサッカー論 2017秋 

2年後のW杯ロシア大会、ひいては6年後のカタール大会で白星を重ねられるか否かは、いかに自分たちのありようを冷静に見つめ、「自分たちのサッカー」について真剣に議論を重ねていくかにかかっている。
引用元



「自分たちのサッカー」とは、要はスタイル・方向性の定義的なものなんですかね。

これについては私も何度か書いた記憶がありますが、改めて考えてみると、その手の議論ってどうも「戦術論」に偏る傾向が強い気がしております。私も含め。

もちろん、サッカーは11人で戦う団体スポーツですので組織や戦術は大切だと思いますし、もともと日本のサッカーを語る上での出発点が「個(というかフィジカル)がないから組織で戦え」という考え方だった気はしますが、大きな指標としての「自分たちのサッカー論」を考えるうえでは、そのような日本古来の「個が劣るからという考え」には固執しないほうがいい気はしております。

もちろん、現実的に日本にはマラドーナやクリスチアーノ・ロナウドはいないわけですし「個で劣る」部分は多いのかもしれませんが、要はいつの日かその前提から脱却しないと、ある程度のレベル以上はいかないと思うからです。将来像として。

たとえば今のサッカーベルギー代表。彼らは、まさにそんな「個のレベルアップ」から成功しているモデルケースだと思われます。ルカク、アザール、クルトワほか、多くの個の力が出てきた結果、代表チームもレベルアップしたわけですが、これ別にベルギーだけでなく、欧州の代表チームのほとんどが同様であると思うんです。まぁイタリアは組織を重んじている感じは少ししますが、それでも「個がない」かというと、決してそうではないわけです。

要は個があって、その次に組織がある。もちろん、今の日本代表もそういう考えではあると思うのですが、どうもその「自分たちのサッカー」という言葉には、その考えが欠如しているように感じてしまうんですよね。

考えすぎかしら。

今のベルギー代表についてはあまり詳しく知らないのですが、個人的な素人の目線では、そこに「ベルギー特有のスタイルはない」と思っています。

要は日本における「自分たちのサッカー」的な匂いがしないんですね。どの国でも通じる「サッカーの基本的な技術&戦術眼」が秀でているわけで、そこに「ベルギー臭」なるものはあまりないとでも言いますか。

というか、日本代表の選手も同様にワールドワイドに通じる技術を持っていると思うんですが、どうも、日本で語られている「自分たちのサッカー」論でくくらられるとドメスティックでクローズな感じになる気がしちゃうんですよね。アンチワールドワイド的な。

考えすぎかしら。

要は「日本の自分たちのサッカー」は「世界のサッカースタイルと一線を画すもの」という感じが強く、なんというか奇襲的な考えが強いのが気になるといいますか。

まぁ、今の時代、どこも戦術なんて似たようなものですし、日本における「自分たちのサッカー」だって、細かなところの差異化を語っているに過ぎないのかもしれませんが、要はベルギー代表のように「すばらしい個が生まれる土壌」を耕さない限りは、大きな飛躍は望めないのではということが言いたいわけです。

レベルの高い選手を育てて、それに合わせて戦術を考えて、実行するスタイルこそが、「自分たちのサッカー」。

当たり前ですが、基本はそれでいいと思うんです。高さに強い選手がいれば、それを武器にすればいいし、スピードに秀でる選手がいれば、その選手を軸にするのもいい。

まぁサム・アラダイスを監督に招聘すれば、高さに弱くてもロングボール主体の戦術にするかもしれませんよ(しないとは思いますが)。

そういえば、このブログのコメント欄に「外国人とのハーフの選手が出て来ることに期待」と書かれた方がいましたが、思えば、その昔、サッカー日本代表はブラジルからの帰化選手ががんばっていた時代もあったわけです。帰化選手の投入という「個のレベルアップ」が日本代表サッカーのレベルを上げてくれました。ラモスとかロペスとか。なぜに、ブラジルからの帰化選手が多かったのか?
その答えは、わかりませんが、要はそういうなにかしらの出会いや人脈があったからであり、要は素晴らしい「個」があって、そこから「戦術」だったということだと思うんですね。

同様にサッカーフランス代表も移民選手の台頭によってレベルアップした時代がありました。ジダンとかの時代ですね。フランスでは民族問題に発展したところも少しあったみたいですが、そこにも「個⇒戦術」的な発想があったはずです。もしかりに当時のフランス代表に「自分たちのサッカー」なる思想があって、それに合わせて移民の選手が選ばれたとするなら、それはそれで見習いたいところかもしれませんけど。


サッカー ブログランキングへ

Posted on 2017/09/09 Sat. 15:32 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

【祝、W杯出場】サッカー日本代表のレベル確認のお仕事とは? 

試合は見てないけど、出場決まったらしいね。おめでとう。というか、出場して当たり前ですかね。

とはいえ、気がつけばワールドカップ6回連続出場ですか? それは凄い。

もしかして、常連国の仲間入りなんですか。

サッカー代表の常連といって思い出されるのが、ブラジル、ドイツ、イタリア、イングランド、アルゼンチンなどなど。

そう、サッカーといえば本場はヨーロッパと南米が中心という感じでしたが、そこに日本も加わる日はくるのか。

というか、サッカー=欧州と南米という図式は今後も続くのか、それともその図式が変わる日はくるのか。

ワールドカップに向けての準備の中では、非常に高いレベルのチームと対戦したいと思っています。どこまでできるのか、日本のレベルを確認するためです。 今現在のチームの状況では、ワールドカップでは結果を残せません。でも8カ月後、それは変わっているかもしれません。戦えないということではありません、そういう誤解をしないでください。9カ月後、このチームの姿が変わっているかもしれません。重要なのはケガ人を多く出さないことです。ベストプレーヤーがワールドカップで使えればと思います。
引用元



これまでも何度もレベルの確認はしてきた気はします。

そして、その都度、そのリトマス試験紙は正しいのかみたいな議論もありました。

「相手が本気でない?」とか「アウエーでないと本気でない」とか。

要は「所詮テストではレベルは確認できない」ということを皆がわかっていたから。

そう、結局は本番でしか本当の「レベル」は確認できないみたいな。

とはいえ、そうとわかっていても、ワールドカップ本番前に「擬似的なレベルの確認」は必要であると思ってます。
なぜなら、サッカーはレベルに応じて戦術を決めたり、起用する選手を決めたりすることが必要なスポーツだからです。

本番でなくテストでもいいから「レベル」を探るべきなのです。
なぜなら、何度も言ってますが、サッカーというスポーツは「相手チームがある」戦いですから。

ただし、あくまで「本番とテストで違いがある」ということは、認識しておく必要はあるとは思いますがね。
もちろん「本番に近いテスト」もあると思いますし、ハリル監督はそれを望んでいるのでしょうけどね。

って、得てして「本番とは程遠いテスト」となるケースが多いんですね。日本代表の場合は。

日野は「演奏前にドラムをたたき始めたから『バカヤロー』って怒ったのに、まだやめないからちょっとたたいた」と釈明。「小澤征爾さんのコンサートで、小澤さんが指揮する前から指揮する奴はいないだろ」と例えた。
引用元



ちなみに、これは「本番」での出来事だったのか、それとも「練習」での出来事だったのだろうか?

もし本番だとしたら、ひどい話だと思いますけどね。「小澤征爾さんのコンサートで、本番中に演奏遮って殴る奴はいないだろ」と例えてみる。


サッカー ブログランキングへ

Posted on 2017/09/02 Sat. 00:46 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2017-09