FC2ブログ

アップルがiPhoneバッテリー交換の割引発表 新端末よりもバッテリー交換需要が増える? 

同社は同時に、iPhone 6以降の機種を対象に、バッテリー交換が必要なものについては、現状79ドル(約8900円)である保証期間外での交換価格を、来年1月下旬から12月まで29ドル(約3300円)に値下げすると発表。また、老朽化したバッテリーがパフォーマンスに与える影響を確認しやすくするソフトウエアアップデートも提供する予定だという。引用元

統計データの公表を受け、Appleは正式にiPhoneのピーク性能を意図的に落としていることを認めました。意図的にピーク性能を落としている理由を、「バッテリーの劣化したiPhoneが予期せぬシャットダウンを起こすのを回避したりバッテリー寿命を延ばしたりするため」と説明しています。引用元



私、「iPhone6」使用者なんですが、ちょうど先週くらいから電源がいきなり切れるなどバッテリーの調子が悪くなり、非正規店でバッテリー交換したばかりでした。非正規店で約5,000円で交換したんですが、もう少し待てばよかったかしら。アップルケア入ってないし、SIMも格安に変えているので、非正規店でいいかなと思って変えたんですが、果たして、この「保証期間外での交換価格を、来年1月下旬から12月まで29ドル(約3300円)に値下げ」をどういう形で行うのかは興味深いです。

で、この問題、スマホの最新機種に魅力がなくなったことが、影響しているところもあるのでしょう。

これまでは「スマホの寿命=電池の寿命」という感じで、2年位で機種変更するのが普通だったと思うんですが、ここ数年は新機種が出ても機能差があまりないので、特に最新機種に変える必要性が感じないんですよね。
 
 一時期は通信速度を重要視してましたが、ぶっちゃけ動画などはWiFi使うし、アプリだってそんなにやらなくなったんで、メールとTwitterくらいで使うなら格安SIMで十分なんですよね。

 とはいえ、スマホの生命線である「バッテリーの持ち」は最重要問題であるわけで、そのまま何もせずに使い続けることが難しいのも事実。で、選択肢として「新端末への機種変」か「バッテリー交換」の2択で考えた場合、「お金かけて新機種に変える」よりも「なるべく安くバッテリーを変える」ほうが経済的には魅力的なわけで。そう考えると、今後は「バッテリー交換」の需要が増えるのは間違いないと思う次第です。

 ただ、iPhoneの場合はサポート全般がめんどくさいところがあるので、そこを改善してほしいと思っている人は多いと思いのではないでしょうか。今回、私が使用した非正規店もちょっと胡散臭かったですし、本来なら絶対に正規店で行うほうがいいのでしょう。

 ちなみに、このバッテリー問題。電池の劣化と合わせて「iOSバージョンアップ」の問題も含んでいると思うわけですが、ぶっちゃけバージョンアップしても旧端末的にはまり機能的に良くなった部分を感じられないのも残念なところでしょうか。

 iOSの良さって、ぶっちゃけシンプルで使いやすいところとセキュリティだと思うんで、個人的にはAndroid的な余計な機能はいらないと感じてます。で、それよりもバッテリーの持ちを重視してほしい。そもそもAndroidと違って、iPhoneはアップルがオールインワンでハードとOSを扱っている分、そのあたりのバランス調整は可能だと認識しているのですが、そうでもないのでしょうか。今回のバッテリー問題はその観点からもちょっと残念でした。

って、まぁiPhoneのチップも元はQualcommなのかもしれませんが。

言い方は難しいんですけど、「私は『COSMOS』チップが載っているスマートフォンが欲しいんだ!」というお客様はいらっしゃいませんし、「Qualcommのモデム部分が好きなんだ!」というお客様もいらっしゃいません。お客様が選ばれるのは“スマートフォン一式”であって、その中でバランスが最良なものを組み合わせるのが第一義だと思っています。ですから、出資している会社の製品だからと特別扱いはしません。残念ながら現状の「COSMOS」チップの性能は、Qualcomm社のモデムを大きく凌駕するというほどではないと判断しました。それが「Qualcomm Fusion 3」というパッケージを採用した理由なんです。
引用元








スポンサーサイト



Posted on 2017/12/29 Fri. 22:14 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

プレミア「チェルシー対ブライトン」感想文 ホットラインというかモラタの技術 

今シーズンはアシスト数を伸ばしているアスピリクエタ。アルヴァロ・モラタとの連携は素晴らしく、今シーズンここまでで既にモラタの6つのゴールをアシストしている。 「スペシャルな関係を築くことができているよ。ストライカーはボックス内でボールを受けたいもの。モラタには最高のポジションでパスを出せるようにしているよ」
引用元

3バックを採用するチェルシーではセンターバックを務めることが多いアスピリクエタは、前線に上がった際に相手選手がマークについていないシーンが多い。今回もクロスを上げた時アスピリクエタには自由があった。センターバックの位置から上がってくるアスピリクエタをどう抑えるのか。相手チームはその動きを最大限警戒する必要があるだろう。
引用元


 2つ目の引用は11月のユナイテッド戦のものですが、この試合でもホットラインが炸裂。で、このモラタとアスピリクエタのホットラインについて改めて触れますと、これって「2人の功績」というよりも、どちらかというとモラタのヘディング技術によって成り立っているところが大きい気はしてます。その理由は、斜め後ろからのアーリークロスに合わせてのヘディングシュートって簡単ではないと思うから。つまり、これってモラタのシュート技術があってこそのホットラインだと思うんです。

 もちろんクロスの精度が高いというのもあるのでしょうが、もしFWがコスタやトーレスやドログバだったら、いくらすばらしいボールが供給されたところで、こんなにゴール決めることはできないと思うわけでして。基本はモラタがいてこその「攻撃の形」であると思うんですね。

 逆に言うと、今期の試合を見る限りモラタには昨年までのコスタが見せていたような「足でのシュートのうまさ」はあまり感じないわけで、それがここ数試合のチェルシー攻撃陣の拙攻の原因になっているとも言えるのかもしれません。

 昨年までのアザール、ウィリアン、ペドロを2列目にした「ワントップ&スリーシャドウ」があまり機能してないのも、主に「モラタのプレイスタイル」によるところが大きいと思うわけでして。コンテ監督は、アザールとモラタの2トップにすることが多い感じですが、それだって残念ながら必ずしも機能してないわけです。どちらかというと守備の安定をとって、その形にしている感じ?

 という感じで、現時点でまだコンテ監督はモラタを中心とした攻撃陣のベスト配置を見つけ出せてない感じがするのは、気になるところでしょうか。


サッカー ブログランキングへ






Posted on 2017/12/29 Fri. 20:38 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

サッカーの戦術も「デザイン」である 

最近は、いろいろ広義な意味で「デザイン」という言葉が使われていますが、サッカーにおける戦術や戦略だってある意味「デザイン」であると言えるのではないでしょうか? 少し強引かもしれませんが、たとえば「4-4-2」とか「3-5-2」なんて配列なんて、まさにデザイン的なわけでして。デザイン的な思考を取り入れることによって、サッカーの戦術が見えてくるところもあるのではと言いたいわえけです。

 で、サッカーの戦術をデザインに置き換えて考えてみると、以下に引用するデザイン論(?)だって「サッカー戦術」に通じるところがあるのかもしれません。

デザインとは、単にどのように見えるか、どのように感じるかということではない。どう機能するかだ。
引用元


 サッカーに置き換えると、たとえば「4-2-3-1」いういうフォ-メーションは単にどう見えるかが大事なのではなく「どう機能するか」が大事だみたいな感じでしょうか。当たり前ですが、何が何でも「4-2-3-1」に配置すればいいのではなく、そう配置することによって選手が機能することが大切であることは言うまでもありません。「マンマーク」や「ゾーンディフェンス」という戦術に関しても同様かもしれません。大事なのは「見え方」ではなく「機能するかどうか」ってこと。マンマークがだめでゾーンディフェンスだいいということでないわけで、あくまで大切なのは機能すること。ほら、意外とサッカーって戦術論になると「形」に囚われて、「機能性」が後回しになってしまうことがあるじゃないですか。本来、戦術や戦略ってそうではないはずなんですよね。

そうなると経営陣から会社全体に「ユーザー目線での適切なUI」という指標が下りてこないので、今期の売り上げを上げるために、本来ならどうでもいい数字をごまかすための機能をアプリやサイトに実装することになり、UIがどんどんダメになっていくんです。
引用元


 UIとかUXって言葉は難しい感じがしますが、ここでいう「ユーザー目線での適切なUI」という考え方はサッカーにも当てはまるかと思われます。サッカー戦術に置き換えると「ユーザー⇒選手」にすれば、先の機能性と同じことになります。つまり「4-2-3-1」が選手目線で適切になってないと、その「4-2-3-1」というフォーメーション自体がどんどん駄目になってみたいな感じか。もっというと、フロントがどういう選手を獲得するかだ大事であり、そこも戦術に大きく関わっているというのは、言うまでもないところ。たとえば「バルセロナ」や「マンチェスター・シティ」などの強豪チームは、フロントから戦術まで「ユーザー目線での最適なUI」が実装されているので強いみたいなことが言えるのかなと。
 というわけで、言いたいことは前からこのブログで書いてますがサッカーは「選手」ありきで、「戦術」ありきではないということ。もちろん、現代サッカーでは。ある程度「戦術」は固まってきていて、そこに「選手を当てはめる」やり方もあるのでしょうが、戦術さえあれば選手がダメでも勝てるというのは、違うと思うわけです。もちろんジャイアントキリングと言われるように、サッカーでは時として選手の質が劣っていても戦術で勝てることもあるのかもしれませんが、それだって先のデザイン的思考で考えれば「選手の質が高いチームが機能的でなかった故に、機能性があるの質の低いチームに負けた」とも言えるわけでして。そういった意味でも、サッカーろデザイン思考で考えるのは、ある意味、それほど間違ってない気がするのは気のせい?

 システム最強論という人もいると思いますが、以下に引用した「近代産業」部分を戦術に置き換えると、なんとなくその思考が見えてくる気もします。

つまり、近代の産業社会は、その理想形として最初から「超人=ポスト・ヒューマン」を仮想してきたっていうのね。工場ってのは最初っからロボットに最適化されたシステムで、そうなんだけど当初はそんなロボットなんてないから、ヒトをそれに近いものとしてつくりあげるために近代教育が生み出され、修理工場として近代病院ってものが整備されて行ったという。で、そうしたことへのリアクションとして、デザインって概念が重視されるようになっていくと。
引用元


「Wired」休刊については改めて書きますが、デザイン論に詳しい方にぜひサッカーの戦術を語ってもらいたいと思う、今日この日この頃です。

ちなみに「デザイン思考」って言葉を使うと、それは違う意味になるんですかね?
“デザイン思考とは不明確な問題を調査し、情報を取得し、知識を分析し、設計や計画の分野でソリューションを選定するための方法およびプロセスを指す。”引用元


詳しい人教えてください。


サッカー ブログランキングへ






Posted on 2017/12/24 Sun. 15:22 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

プレミア「エバートン対チェルシー」感想文 ある意味必然のスコアレス 

ウイングバックシステムに、アザール、ペドロ、ウィリアンという3トップって、どうなんでしょうかね?

何度かサイドからのセンタリングに3トップが惜しいシュートを打ったシーンはありましたが、あまりゴールするイメージもあまりわかないんですよね。

その3トップはチャンスメイクという面ではすごくいいと思うのだけど、得点力という面から考えると、あまり組み合わせ的にはよくないのかなと。

要はいわゆる「ゼロトップ」に近いと思うのですが、それなら杯で成功したリッピのイタリア代表の「ゼロトップ」のような「縦のポジションチェンジ」がないと攻撃面では厳しいと思うわけでして。

この試合のバカヨコ&カンテの中盤だと、そういう攻撃の形を作るのは難しいと思うし、そう考えると今のチェルシーのシステムだと「ゼロトップ」は合わないのかなと。

というわけで、ある意味、必然のスコアレスドローだったと思いました。



サッカー ブログランキングへ

Posted on 2017/12/24 Sun. 00:15 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

E-1選手権「サッカー日本代表対韓国代表」感想文 アジアで負けて世界で勝つ方程式? 

「負けた」試合はインパクトがデカイのでネタとして書きやすいのですが、結果重視で戦うなら、もう少し「サッカー日本代表のストロングポイント」を意識して戦ってもよかったとは思いました。

ストロングポイントとは、ずばりポゼッションというか技術ですよ。

サッカー日本代表の「対韓国代表戦という歴史」を振り返ると、長年、日本代表は韓国代表のフィジカルに苦しめられてきて、「韓国代表のフィジカルにどう対応するか」という命題があったと思うわけです。で、それに対抗する方法を模索した結果、「フィジカルにはフィジカルを」というよりも「フィジカルには技術を」というやり方で韓国代表への苦手意識を克服したのが、ここ数年のことであったと認識しております。

そう、つまり単純化すれば日本代表は技術力を向上させて、「日本の技術」対「韓国のフィジカル」という図式で、ここ数年、戦ってきたと思うわけですよ。もちろん、フィジカル面においても、それなりに強化できた故での話ではありますが。

で、この試合をその図式に当てはめてみると、その日本の武器であると思われる「日本の技術」が生かせれてなかったというか、そもそも、そういう図式すら考えられてなかったように感じたというのがファーストインプレッション。

まぁ、負けたからそう見えただけなのかもしれませんし、確かに「サイドでの守備の仕方」や「センターバックの守り方」にも問題はあったんでしょう。ただ、先の歴史を考えずに韓国代表と戦えば、やっぱ「相手のストロングポイント」でグイグイやられるのは必然だったと思うわけで。要は先の「フィジカルにはフィジカルを」まで話を戻すのは、あまり意味はない気はするんですよ。

ハリル監督からすれば、たぶん極端な「韓国向け戦術」というか「対アジア向け戦術」など必要ないということであったと思うのですが、その結果として、改めて「サッカー日本代表のストロングポイントって結局、何」ということが浮き彫りになった感じがした次第です。

もちろん、ゾーンディフェンスとかデュエルとか大事であると思いますし、そこに問題があったのも事実であるとは思いますが、極端にいうと、これまでの日本代表の武器を捨ててまで、それに固執する必要があるのかみたいな話をここで蒸し返すのもありなのかもしれません。

まぁ、ワールドカップ本戦では、相手との力量差故に結果として「これまでの日本代表の武器を捨てる」ことが正しいとされるのかもしれませんが、あくまで理想は「日本代表のこれまで武器を保持しつつ、新たな監督の戦術をこなすこと」であると思うわけで。

もっとも、変に「日本代表の武器」を意識してしまい、結果として「自分たちのサッカーへの固執」となってしまい、W杯で惨敗するよりも、「韓国にアジアで惨敗してもW杯で強国に惜敗」するほうが世論的にはいいのかもしれませんし、我々がハリル監督に期待することも、「それ」なのでしょう。そう考えると、この試合の結果は喜ぶべき結果だったと言えるのかもしれません。

ちなみに、日本の1点目というかPKをもらったプレイだけど、テレビ画面で見た感じはオフサイドだったように見えました。


サッカー ブログランキングへ

Posted on 2017/12/17 Sun. 19:58 [edit]

CM: 2
TB: 0

top △

プレミア「ウエストハム対チェルシー」感想文 

スケジュールとかコンディションとか、言い訳できる要因はたくさんあると思いますが、まったくゴールできる感じがなかったのは残念でした。

要は今のチェルシーは基本カウンターチームなので、相手に引かれると厳しいということなんでしょう。

先に失点しちゃだめだよね。そして、やっぱミドルシュート打てる中盤ほしいです。

あと、あくまで個人的な見解ですが、ここ数年はチャンピオンズリーグよりもリーグ戦のほうが大事であると思ってますので、この12月の過密スケジュールはリーグ戦重視で戦ってほしいです。チャンピオンズリーグつまらないので、見てないし。というかスカパー契約解除したから見る環境がない。


サッカー ブログランキングへ

Posted on 2017/12/09 Sat. 23:38 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2017-12