FC2ブログ

ハリルホジッチ サッカー日本代表について 来るべきAI時代に求められるプレイとは 

「日本人を監督に? サッカーわかってない」

このような考えを一蹴するような意見は、正直、説得力ないと思いますよ。

私は個人的には日本人の監督に変えたって、それほど変わりはないと思っています。その昔、岡田監督が南アフリカW杯でしたっけ? そこで結果残してますし、それと同じくらいできる可能性は高いかと。

ただ、やっぱ「ブランド」ある方を監督にしたほうが、世論的というか世間体的には都合がいいというのはある気はするし、そういう狙いがあると説明するほうが、まだ理に適っているかと。

「名将を連れてきたけど、結果を残せなかった」というほうが、「日本人監督を起用したけど、結果残せなかった」よりも、言い訳として通じるのでしょうし、見ている我々もたぶん納得がいくのだと思うからです。

日本サッカー協会の偉い人も、たぶんそう思っているのでは? 日本人の監督だと、たぶん世論的に「海外の名将を連れてこれなかった協会が悪い」となる可能性が高いし、それこそが協会的には1番避けたいところなんでしょう。

なーんていうのは、嘘。冗談です。

もう少し真面目に考えてみますと、監督には経験が重要な要素であり、それがあるかないかというのが、たぶん選定理由のポイント。特に「グループリーグ突破」が目標となる日本代表レベルの国においては、1つの有用な監督選定のポイントになっているのは間違いないと思っています。で、その選定ポイントの結果、必然的に外国人が多くなるのかなと。

サッカーのスタイルとかも考慮しているのかもしれないけど、たぶん、それよりも経験や結果重視。

「グアルディオラ連れてこい」っていうのは無理な話ですし、そういう「サッカーのスタイル」までは考慮してないのではないかな?

たぶん、多くの日本人にとっての理想的なW杯はグループリーグを2勝1敗で突破して、決勝トーナメントでブラジルとかドイツと対戦して善戦しつつも惜しくも敗戦って感じなんでしょう。しかも、可能ならアンチフットボールでなく攻撃的なスタイルで善戦みたいな。

日本サッカー協会もそう思っていて、それを考慮して監督を選んでいるのかしら?

もしそうなら、果たしてハリルホジッチ監督に、そのあたりのストーリーが共有できているのかっていうのは、結構疑問だったりしてます。

まぁ、たぶん「おまかせ」なんでしょうが、「岡田監督と同じスタイルじゃヤダ」って思いがもしあるのなら、それはちゃんとリクエストしないとだめだと思うんですよね。

そう、サッカーのスタイルや目標や理想ってやつを、どこまで共有しているのか。

もしかしたら、まだ、そのあたりの目標や理想を共有できてないのかもしれませんが、それってかなり問題だと思う次第です。

本来は大前提としてまず目標や目的が共有できていて、それに対してPDCAしていくのが大事だと思っているのですが、それがまったく感じられないのが、個人的に最近の日本代表サッカーが「つまらない」最大の理由。

私が感じられないだけなのかもしれないけど、なんとなく、協会、監督、選手が「同じ絵」「同じ設計図」を思い描けてないように見えるのは、かなり問題であると思ってます。

完成図がわからないで作業するのって辛いと思うし、見ている方も退屈だと思うんです。

もし完成図を提示しているのに、できないとするなら。それは伝える側の問題なのか、それとも伝えられる側の理解力や実力の問題なのか。

私の年齢からそれを考えた場合、ふつう「伝える側の問題」と捉えます。もちろん、最終的に結果を残せれば成功なのかもしれないけど。

「よくわかんないけど、言われた通りやったらできた」じゃダメな時代だと思うんです。「指揮官のコンセプトを理解して、それを自分たちで考えて消化して、よいパフォーマンスができた」でないと。

以上です。


サッカー ブログランキングへ




スポンサーサイト

Posted on 2018/03/28 Wed. 01:22 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

サッカーのメインファン層とは? 


日本でも海外でもどちらでもいいんだけど、サッカーのメインファン層というのは、いったいサッカーをどう楽しんでいるのか。

私は戦術とか語るの好きだけど、正直そういう層がメインであるとは思えないのだ。

特にスタジアムで観戦する人の多くは、戦術なんてどうでもいいと思っているのではないか。

ゾーンディフェンスができているとか、ポジショナルプレイとかどうだっていいのだ。

そういうの気にしているのは、たぶんほんの一部だ。

そんな細かいところではなくて、もっとざっくりとしたエンターテインメントを楽しんでいるはずだ。

映画で例えるなら、ハリウッド映画とかドラえもん。テリー・ギリアムやブラックパンサーよりもドラえもんなのだ。

音楽で例えるなら、ジャズよりもアイドル。

楽しみ方は人ぞれぞれ。サッカーも同様。

soltbaeさんも、きっとその意見に同意してくれるはずだ。






With my friend #SaltBae Thank you for a great night! 👍🏻 @nusr_et

Cesc Fàbregasさん(@cescf4bregas)がシェアした投稿 -







サッカー ブログランキングへ




Posted on 2018/03/23 Fri. 01:52 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

FA杯「レスター対チェルシー」感想文 

モラタの先制ゴールを振り返ってみると、カウンターからウィリアン⇒モラタという形だったわけですが、この形こそがコンテ・チェルシーの基本的な攻撃スタイルであると改めて認識しました。

要はポゼッションよりもカウンター向け構造のチームなんですよね。

「3-4-3」という陣形ではありますが、ピッチ上の選手たちの仕事はある意味きっちり分担されていて、「ポジションチェンジして崩す」
という概念はそれほど重要視されてないとでもいいますか。

もちろんアザールを活かすための最適なフォーメーションであるとは思うのですが、中盤またはサイドにもう少しポゼッションからの崩しを担える人材がいないと攻撃のバリエーション的には厳しいのかなと改めて感じた次第です。

試合に勝てれば今のままでも問題ないのですが、モウリーニョ体制以降のある意味伝統的なカウンター&アンチ・フットボールスタイルを継承するなら、もう少し最終ラインの守備力を上げないと厳しい気はしますし、そこから決別するならするで人材不足である気もすると指摘するのは、多くを望みすぎなんでしょうか。


サッカー ブログランキングへ




Posted on 2018/03/21 Wed. 23:50 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

欧州CL「バルセロナ対チェルシー」試合をちゃんと見ないで語る会会長より 

良く言えば積極的にフットボールをしたってことになるのかもしれませんが、個人的には第1戦同様にアンチフットボールを貫くべきだったと思ってます。

例えば、ヒディンク監督時代みたいに「メッシにはマンマーク気味に対応する」とかすべきだったのかなと。

当時はアシュリー・コールがその大役をこなしていたかと思うのですが、今のチェルシーだったら例えばドリンクウォーターにその役目を授けるとか。

少なくとも、ペドロを中盤右に起用して「攻撃よりもメッシをケアしろ」って守備に重点を置くやり方のほうがよかった気はしますね。

というか、カンプ・ノウのバルセロナ相手にアザールとメッシのマッチアップはないわー。

マンチェスター・シティ戦でのワントップに嫌気が差して、「俺はワントップでは輝けない」って直訴があったのかもしれないけど、アンチフットボールをするにはアザールの守備力は「不安要素」でしかないのはコンテだってわかっていたはず。

それでも、あのポジションで起用したのは「第一戦でのアウェイゴール」の影響でアンチフットでは勝てないと思って博打に出たからか?

いやいや、博打を打つにしても段階ってものがあるでしょう。まずはアンチフットで様子を見て、後半からアザールと心中という布陣にするとか。

何度も言うけど、カンプ・ノウのバルセロナ相手にアザールとメッシのマッチアップはないわー。

にしても、これだけ続けてビッククラブ相手にコテンパンに叩かれちゃうと、ホント、学習能力がないとしか言えないですよね。

まぁ、政治的な理由で、あえてそうしていたのでしたらごめんなさい。


サッカー ブログランキングへ





Posted on 2018/03/16 Fri. 01:09 [edit]

CM: 2
TB: 0

top △

プレミア「チェルシー対クリスタルパレス」感想文 

ある程度、自由にボールが持てるというのは、やはり素晴らしいことである。

ボールを持てれば、チェルシーは自動的に5バックではなく3バックと攻撃的になり、両サイドのウイングバックがウイングとして機能する。

セスクだってボールを持てれば生きるし、アザールやウィリアンだって同様だ。

そうだ。コンテのチェルシーは別に好んでアンチフットボールをしているわけではないのだ。

本当は「フットボール」をやりたいと思っているのだ。

もちろん、クライフやグアルディオラの考えるフットボールとは違うのだろうけど、大きく分類すればフットボールだ。

ただ、彼らと大きく違うのはフットボールをやらせてくれなそうな相手に対しては、フットボールを捨ててアンチフットボールという戦い方を選ぶ勇気を持ち合わせていることなのである。

そんな勇気はいらない? 

確かに、そういう見方もあるのだろう。

でも、そういう戦い方だってサッカーなのだ。

それで「フットボール」に勝てるという目算があるのなら、それだっていいじゃないか。

ちなみに、この試合のロイ・ホジソンのチームは、美しいフォーメーションが光った。

彼のチームは、大体が訓練された4バックであり、見た目が非常に美しいのが特徴なのだ。

たぶん彼にとっては、その美しさが何よりも大事なのだろう。フットボールよりもアンチフットボールよりも。

それもまた、サッカーなのだ。


サッカー ブログランキングへ





Posted on 2018/03/12 Mon. 00:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

プレミア「マンチェスター・シティ対チェルシー」感想文 醜いアンチフットボール 

アンチフットボールって、それなりの理論と信念がないと醜いものになるという見本のような試合?

監督も選手も、自分たちのサッカーにどれくらい自信や誇りを持っていたのか。勝てる算段はあったのか。ぶっちゃけポゼッション率とかパス成功率とか低くてもいいんですよ。試合に勝てるなら。

アンチフットボールだって、きちんとチームとして機能していれば、それはそれで芸術品だと思うし、相手を苦しめたり、試合に勝てる可能性だってあると思っているのですが、昨日チェルシーからはあまり可能性は感じられませんでしたね。
残念ながら。

思った以上にミスが多いように感じましたが、その理由はマンチェスター・シティの守備がよかったからか、それとも練習がうまくいってないからか。

後者である可能性が高いのかな?

昨年までスティーブ・ホランドがどれくらいの役割を担っていたのかわまりませんが、この試合のミスから想像するに、チェルシーの選手たちは「試合に対する準備」ができてなかったようにしか見えませんでした。

この試合の数少ないカウンターのチャンスは、モーゼスが宇宙開発して終了。アザールはシティの守備に抑えられたというようりも、アンチフットボールを信じてないが故の「あきらめ」感が漂っていたし、ドリンクウォーターとセスクは「ボールは友達なんかじゃない、敵だ」感漂うボール捌きで、アンチフットボールをひどく難しいものにしていたように見えました。アザールにドログバ的なプレイを求めるのは酷であると思いますが、チームとしてアザールのゼロトップをどう活かすか「見える化」できてないように感じたのは私だけでしょうか。

「5-4」のゾーンディフェンスはそれなりに機能していたとは思いますが、危険エリアでは「エリア」だけでなく「人」をケアする守備もできればアンチフットボールももっと様になっていた気はしました。

というかアンチフットボール支持者である私的には、こういう体たらくなアンチフットボールを世間様に露呈してしまうと、アンチフットボールが誤解されてしまうことが怖いんですよね。

そういう意味では、本当に残念。

途中から頭の中にデヴィッド・ボウイのヒーローズが鳴っていたというのは、真っ赤な嘘です。


サッカー ブログランキングへ





Posted on 2018/03/06 Tue. 00:41 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2018-03