FC2ブログ

プレミアリーグ「チェルシー対リバプール」感想文 カウンターに磨きを掛けたい 

先制ゴールはすばらしかったですが、追加点が取れなかったのが痛かった。
基本、今季はウノゼロで勝てるチームではないと思うので、同点ゴールに関しては仕方がないと思っているのですが、やはり問題は追加点が取れなかったことですよ。

もちろん、リバプールの守備がよかったというのもあるのでしょうが、もう少しカウンターに磨きを掛けないと、これからもこういう相手には苦しくなる気はします。アザール頼みだけだと、苦しいかなと。磨きをかけるとすればリバプールみたいに「縦パスをカットして、そのまま裏に」的な形だと思うのですが、そういう動きができるセンターフォワードがほしいところでしょうか。

ジルーは味方を活かすプレイはいいと思うのですが、そういうカウンターを活かせる動きが少ない気がするんですよね。そのあたりはモラタのほうが期待できるのか? うーん。

守備では、逆に「相手のカウンターへの対策」がイマイチだったのと、例によってサイドバックの横のスペースが危険だった気はしました。あと、ジョルジーニョの脇というかバイタルエリアのケアも問題といえばそうなのかしら。まぁ、今季は守備から組み立てているチームではないですし、ある程度の失点はOKというスタイルであると思うので、穴があっても問題ないのかもしれませんが。

ただ「守備よりも攻撃を磨く」というだけでは勝てないと思うのですが、できる限り、守備の弱点も補っていってもらいたいところです。

というわけで、この試合に関しては勝ち点1でOKとしましょうか。


サッカー ブログランキングへ




スポンサーサイト

Posted on 2018/09/30 Sun. 22:21 [edit]

CM: 2
TB: 0

top △

プレミアリーグ「ウエストハム対チェルシー」感想文  

楔のパスというか縦パスを封じられたことが、ゴールできなかった大きな要因であるとは思うけど、
前から指摘している3列目、4列目の攻撃への絡みがイマイチという問題もありますかね。

カンテの攻撃力は開幕当初は少しは効いていた感じだけど、この試合ではイマイチでしたし、コバチッチも同様。
後半から投入されたバークリーは惜しいミドルシュートを放ちましたが、全体的にもっと中盤からのミドルシュートがほしい気はします。

この試合と同じやり方ですと、リバプールにも苦戦しそうですね。


サッカー ブログランキングへ




Posted on 2018/09/24 Mon. 23:03 [edit]

CM: 4
TB: 0

top △

プレミアリーグ「チェルシー対カーディフ」雑感 チャンスメイクでなくフィニッシャー 

アザールのゴール。センターフォワードがジルーになった効果というのもあるんですかね?

要は「センターフォワードのポストプレイ⇒ウイングまたは2列目のゴール」という定番の形。

もちろん、アザールから始まるワンツー、アザールから始まるドリブル突破というのは魅力で、それこそ「攻撃の基本的な形」ではあるんだけど、「チャンスメイク」ではなく「フィニッシャー」としてのアザールに今季は期待したいところです。

それって、過去のシーズンでももちろん実現できていたことなんだけど、センターフォワードのプレイスタイルや相性によって左右されてところもあったわけで。今季でいうと、モラタよりもジルーのほうが「フィニッシャー」としてアザールは覚醒する可能性は高い気はしますね。

サッリ監督のスタイルは、もうある程度は実現できていると思うのですが、この試合を見る限り、いわゆる「格下」相手に勝ち点を取り逃す確率は減る気はしますね。つまりはプレミアリーグでそれなりの勝ち点は稼げる=タイトル争いに加われる可能性はたかいかなと。一方で、「相手もポゼッション」できるそれなりのチームと対戦した場合に、どれくらいポゼッションできるのか? または、ポゼッションできない場合に、それ相応の戦いができるのか?

そのあたりが、これからの注目点でしょう。もちろん、格下相手に絶対に勝てるという保証もないのですが。


サッカー ブログランキングへ




Posted on 2018/09/16 Sun. 17:16 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

プレミア「チェルシー対ボーンマウス」感想文 ポゼッションは手段です 

ボールポゼッションも大事ですが、それはあくまで手段であり、あくまで大切なのは試合に勝つことです。
なので、ぶっちゃけジョルジーニョのパス成功率がどうだとか、ボールポゼッション率が何%とかどうでもいいんですよね。
大切なのはあくまで試合に勝つことであり、ボールポゼッションすることで「こちらが主導権を握ってサッカーをできる」ことは重要視すべきだと思うけど、ポゼッション自体に価値を求めても仕方がないかなと。もちろん、「相手にサッカーをさせない」=「勝率が高くなる」ことは評価すべきだと思うのですが、ボールポゼッションしたうえで「崩せた」のか「カウンターをくらわなかった」のかといった視点で試合を見るほうが重要だと思う次第
です。

で、気になったのは攻撃時の「最後の崩し」の部分ですね。もちろん、ここが難しいのはわかるんですが、もう少し「サイドからのドリブルの崩し」や「ミドルシュートを打てる形」は工夫が必要であると感じました。要はもっと個人技を駆使して勝負する必要があるということ。ウィリアンやアザールはもちろん、それなりに仕掛けているとは思いますが、中盤のコヴァチッチやカンテあたりにももう少し個で勝負してほしいみたいな感じ?

もちろん、最終的にサイドからクロスボール入れる攻撃だって悪くわないのですが、現状あまり可能性が感じないわけで。それにプラスして、もういくつか形がほしいんですよね。

コヴァチッチはいい選手だとは思いますが、正直、現状は攻撃への絡みは微妙なんですよね。アザールとの関係が微妙というか。もっと、積極的に前線に出ていいと思うし、勝負していいと思うんですよ。まぁ、攻守のバランスの問題もあるとは思いますが、コヴァチッチがもっと主体的に攻撃に絡めたら、
アザールももっと活きると思うし、そうなればゴールが生まれる可能性も高くなるのかなと。

もちろん逆にアザールのほうがコヴァチッチやアロンソを使えてないとも言えるのかもしれませんが、アザールの孤立症はある意味彼の魅力でもあると思うので(笑)、個人的にはアザールよりもコヴァチッチなど中盤の選手が「アザールをより活かす」べくプレイすることに期待したいみたいな感じ。

後半に途中投入された、ロスタフチークのほうが「そういうプレイ」ができていた気もするので、そのあたりコヴァチッチにも期待したいです。

総合力ではコヴァチッチが上だと思うし。

ジルーも同様で、現状は彼のほうが周りを使うプレイが上手い気はします。

あとペドロ。ゴールはすばらしかったですし、結果も残しているのからスタメン定着でいいと思うんですけどね。さすがに現状ではアザールを軸にしばらくはウィリアンとペドロの併用となるんでしょうが、そのあたりのサッリ監督の選手起用法にも注目ですね。

ちなみに、ニューカッスル戦はちゃんと見れてないので飛ばします。


サッカー ブログランキングへ




Posted on 2018/09/02 Sun. 14:16 [edit]

CM: 2
TB: 0

top △

2018-09