FC2ブログ

ヨーロッパリーグ決勝「チェルシー対アーセナル」感想文 美意識を鍛える時期 

ちょうど『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』という本を読んでいるところなんですが、ここに書かれている内容はサッカーにも通じるところがあると思っております。

要はリーダーには「アート的思考って必要だよね」ってことだと思っていて、サッカーにおける「監督の哲学」もそれと同様なんではないかなと。

もちろん、この本にも書いてある通り、勝利のための現実的な考え方(サイエンス)は必要であるし、アートとサイエンスのバランスが重要でなのは当然だと思うのですが、今季のチェルシーのバランスはどうだったのだろうか?

モウリーニョの頃と比べるとアート色が強かったと思っているのですが、そのバランスをチェルシーファンはどうかんじているたのだろうかってのが今季の語るべきポイントなのではないでしょうか。

勝利は必要です。そのためのアートなら、もちろん必要だというのは、みんな同意見でしょう。では、アートと勝利が相反するものに見えたら、どう感じるのかって話。

今季、確かに苦しい時期はありました。大敗して、解決策が見えない感じの時期が。ただ個人的には、それでも「サッリの哲学」を信じておりました。

今はアートとサイエンスのバランスを崩しているが、近い将来、そのバランスは良くなるはずだ。少なくとも、その可能性はあるし、今、その可能性を潰すタイミングではないと。

そんな思いを踏まえての、このヨーロッパリーグの決勝戦。正直、この大会にそれほどの価値は見いだせてないのだけど、どんな大会だって優勝できるのなら、それに越したことはないのは確かです(CL出場権というだって、一時期は大きな魅力であったわけですし)。

そもそも負けていい試合なんてないし。

去就が注目されるアザールの最後の試合? たぶん、そうなんでしょうし、そんな試合で負けるわけにも行きませんからね。

アザール。彼がこのチームに来てから、彼がエースとなり、彼がこのチームの攻撃を牽引していたわけですが、それがこのチームの魅力であり、弱点でもあったと思っておりました。要は彼が他のチームとの違いを作って魅力的な攻撃を演出してくれる一方で、彼の出来に結果が左右されることが多々あって、それが問題であると思っていたんですね。

で、その問題にサッリがどうマッチするのか? つまりサッリの哲学にアザールという武器がどう反応するかというのが、今季のチェルシーの注目点だったと思っていたのですが、結論から言うとこの試合ではその理想形が垣間見れたと感じました。

アザールの良さを出しつつ、チームとしての攻撃のパフォーマンスもあるみたいな。


「個人技」と「味方との連動感」のバランス。「孤立」と「自ら囮となる」ことのバランス。「攻撃に専念」と「守備の放棄」のバランスが、それなりに取れていたとでも言いましょうか。

要はアートとサイエンスのバランス。美しさと結果のバランスが取れた試合だったということです。

ジルーやエメルソンとアザールの相性がよかったというよりも、アーセナルというチームの哲学にアザールのスタイルがマッチした結果なのかもしれませんが、
今季の最後の最後に「サッリの哲学」によって、アートとサイエンスの最高のバランスが垣間見えたというのは言い過ぎでしょうか。

もちろん、理想形はもっと高いところにあるのだけれど、その道筋が少し見えたみたいな感じですか。

終わりであり、始まりである。アートとサイエンスの究極のバランス取りに向けての。

個人的には、そのバランスはアザールがいなくなったあとも継続できると信じております。もちろん、この試合のバランスとは、一味違うバランスを目指すことになるのかもしれませんが。

ただ、これだけは言いたい。アザールが去ったあとのチェルシーにこそ、サッリの哲学が必要となるのではないかと。

もちろん、サッカーは理屈だけのスポーツではないし、それはフロントの戦いも同様なんでしょう。

優勝おめでとう。とりあえず、今はそれだけで。


サッカー ブログランキングへ




スポンサーサイト



Posted on 2019/05/31 Fri. 01:11 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」最終シーズンを見て感想(少しネタバレあり) 

海外ドラマの人気作「ゲーム・オブ・スローンズ」がついに完結しましたが、改めて秀作であったと感じました。

壮大なストーリー展開と個性豊かなキャラクターの描き方がすばらしく、映画監督デビット・フィンチャーが言うところの「映画」でなくて「ドラマ」であるところの面白さをうまく魅せてくれたところが特に秀逸であったと思う次第です。

まずストーリーに関してですが、「玉座に座るのは誰だ?」という大きなテーマをきちんと描いたところは評価。原作があるから当たり前なのかもしれませんが、ドラマって描き方によってはストーリーが冗長になってつまらなくなることが多々あるわけで。今作に関しては、原作との違いは知らないのですが、いろいろな伏線を張りつつそれらがすべて集約されて、軸となる物語のテーマをきちんと映像で描いたところは特に評価したいところかと思う次第です。

単純に比較はできないのかもしれませんが、同じ人気の海外ドラマ「ウォーキング・デッド」は、その「ストーリーが冗長」問題に陥った感じがあって前シーズンくらいからつまらなく感じていたから、尚更かもしれません。

まぁ、面白いかどうかなんて個人の主観によるところもあると思いますが、人気作になると「物語を終わらせたくない」という制作側の意図が物語を駄目にしてしまう可能性があるわけで、そういう観点からから考えると、この「ゲーム・オブ・スローンズ」はひとつの大きな物語できちんと完結させたところは個人的に最大限に評価したいところなわけです。まぁ、原作を読んでないので、本当に終わりなのかはわかりませんが(笑)。

ちなみにこのドラマの物語の終わらせ方に関しては、いろいろな意見があるとは思いますが、個人的には美しくまとまった感じがあるのでよかったのかなと。

「ホワイトウォーカー」よりも人間のほうが強いし怖いという描き方に関しては「ウォーキングデッド」と同様なのかもしれませんが、「愛は剣よりも強し」的な流れは、やっぱ安定感がありますよね。

音楽的には特に語るところはありませんが、YouTubeで見つけた演者たちのよくわからないバンド演奏は、個人的には楽しめました。ジョンスノウ役の人は「ワイルド・シング」の演奏は、なんかイメージと違うところはありましたが。

Posted on 2019/05/26 Sun. 12:18 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

プレミアリーグ「レスター対チェルシー」感想文 絶対ケーヒル使うわないマン的思考を考察 

ヨーロッパリーグの準決勝。センターバックのクリステンセンが負傷して、代わりにケーヒルでなくザッパコスタを投入し、アスピリクエタをセンターバックに移動した采配についての説明ってありましたっけ? まぁ説明する理由なんてないと言えばそうなんですが、監督の采配や選手の起用方法を理解して楽しむのもサッカーの一つの楽しみ方であると思っているので、その観点で考えると、何らかの説明はほしいですねぇ。

なんで、ケーヒルを使わないのか? プレイの問題なのか? 態度の問題のなのか? 戦術理解度の問題のなのか?

一時期、サッリがファンから批判を受けたときに「カンテをアンカーで使わないのはなぜ? なぜジョルジーニョ?」という意見があったと思いますが、要はファンは監督の戦術やサッカースタイルを理解しないと、勝てないときに「疑念」が湧くんですよ。この監督がやっていることは正しいのか?って。もちろん、なんとなく「全体のコンセプト」から選手の起用方法を理解できることだってあると思うんですが、「ケーヒルでなくアスピリクエタ」という采配を理解するのは、なかなか難しいかなと。まぁ「逃げ切るならケーヒルだったけど、同点だったし、攻撃を考えてザッパコスタとアスピリクエタを残した」と想像する事はできますが、その想像が「正解」なのかはわからないわけで。

で、わからないと、「俺達の理解できない神采配をしている」と思うか「何も考えてないorなにか政治的やサッカーに関係ないお金の匂いがする」と勘ぐったりしちゃうわけで、それはファンとの信頼関係に問題を引き起こすことになると思うわけですね。


というわけで、レスター戦に関しては「何もおもしろいことを書く意欲さえわかない」つまらない試合だったと思うわけですが、ケーヒルがベンチ入りさえしていなかったところは、政治的には興味がある現象であったと思ってます。

総括っぽい感じになったけど、続きはアザールの移籍が決まったあとか、ヨーロッパリーグの決勝戦の感想と合わせて。


サッカー ブログランキングへ




Posted on 2019/05/13 Mon. 22:48 [edit]

CM: 2
TB: 0

top △

プレミアリーグ「チェルシー対ワトフォード」感想文 おめでと! 

セットプレイからでもOKです。こういう大切な試合でのゴールは。

前半、流れの中からの崩しがどうもイマイチというか、ここのところ、どうも決定力がないなぁと思って見ていたのですが、後半早々にセットプレーから待望のゴール。シーズン後半戦にアザール次いでゴール決めている感じのあるロフタス・チークですが、このゴールも見事でした。個人的にはシーズン後半戦のチェルシーのMVPを上げてもいいかなと思っているのですが、サッリチェルシーで一番成長した気もしますね。バークレーやコバチッチよりもこのポジションでフィットしたのかなって思っていますが、来季はチェルシーファーストチームのMFにおいてファーストチョイスな存在になるのでしかね。って、まぁ他チームからもっと優秀な選手を獲得すれば、話は別かもしれませんが(そういえば、来季って選手獲得できるんでしたっけ?)


この待望のゴールで勝利が見えた感じでしたが、その直後にまたもやセットプレイから、2ゴール目をゲット。今度はダビドルイスが見事に頭で決めて勝負ありでした。シーズン当初は結構セットプレイを得意にしていたチェルシーですが、12月くらいからなかなか決められない感じになっていたのは、相手に研究されていたから? それとも自滅? なんにせよ、この大事な試合でゴールが生まれたことに万歳。


つうわけで、イグアイン。どうも、流れの中で噛み合ってない気がしてならないのですが、後ろからもらったパスを見事にシュートするその力量は評価したいと思ってます。あまりシュートをふかさないし、GKの動きを冷静に見てシュートできるのはさすがセンターFWですよね。もちろん、個人的にはそれだけでは全然満足してないのですが、この大事な試合でゴール決めてくれたことには大感謝。


で、スパーズ、マンチェスターユナイテット、アーセナルが勝ち点を落としてくれたので、棚ぼた的に今季プレミアリーグ4位以内が確定!


やったー! おめでとう! パチパチパチ(久しぶりに褒めている&喜んでいるなぁ)。


いやー苦しかったですが、きちんと最低限の結果を出したサッリ監督にはそれなりの評価をしてあげましょうよ。シーズン途中でブーイングしていたあなたも、解任を叫んでいたあなたも。ほら。もちろん、問題点はあったと思いますよ、今季のサッリのサッカーには。私ももちろん不満はありますが、それでも「攻撃的なスタイル」を取り入れて、これまでのアンチフットボール魂がはびこるチェルシーに変化をもたらしたことは評価したいです。それは、フロントを含めてね。

正直、CL出場権とか個人的にはどうでもいいのです。それよりもサッリ続投の可能性が高くなったことがうれしい(というか、普通に考えれば続投だろう)。

シーズンまだ数試合残ってますが、とりあえずは「おめでとう」。  



サッカー ブログランキングへ




Posted on 2019/05/06 Mon. 20:08 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2019-05