FC2ブログ

【海外ドラマ×洋楽温故知新】Netflix「ビリオンズ」☓Bスプリングスティ-ン「アトランティック・シティ」  

また「ビリオンズ」から、シーズン4の第3話「チキンマン」。冒頭にブルース・スプリングスティーン「アトランティック・シティ」が使用されている。

この歌は「フィラデルフィアのチキンマンが昨夜やられて」という歌詞から始まる歌なんだけど、そのチキンマンって単語を掛けているんですね。

チキンマンって、弱虫男って意味? 

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」的な使われ方ならそうなのかもしれないけど、スプリングスティーン的にはフィラデルフィアの闇世界の人「The Chicken Man = Philip Testa」のことを指しているらしい。以下参照。

https://denihilo.com/bruce-springsteen/atlantic-city

スプリングスティーンは中学生くらいに例のあれがヒットして、過去のアルバムまで遡って聴いた口ですが、正直、歌詞やその内容まで味わっておりませんでした。なので「ネブラスカ」は、アコーティスクックの渋いアルバムで、ロックでないくて退屈くらいにしか思ってなかったのですが、このアトランティック・シティのメロディは何となく覚えておりました。ネブラスカって、ユーアンドアイで借りてカセットテープで数回聴いたくらいかな? 

で、今の時代はインターネットという便利なものがあるので調べるといろいろ出てくるのですが、以下の映画『地獄の逃避行』やフラナリー・オコナーに関する記事は興味深い。

黙殺された闇の声――『ネブラスカ』が語るもの
http://c-cross.cside2.com/html/g30su001.htm

というわけで、改めて今こそ歌詞の意味も考えながら「ネブラスカ」を聴き直すというのもありな気もしますが、正直そこまでして聴きたいとも思わなかったり。

ちなみに、話を海外ドラマ「ビリオンズ」に話を戻しますと、そのドラマでの「チキンマン」は文字通りに「鶏の飼育係」というか「養鶏の価格を決める人」という意味。まぁ、別にスプリングスティーンの歌詞の意味なんて知らなくても十分に楽しめるんだけど、一応。
スポンサーサイト



Posted on 2019/08/12 Mon. 16:04 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

プレミア「マンチェスター・ユナイテッド対チェルシー」感想文 まるで昇格チーム? 

4失点。まぁ、仕方がないというのは、ある程度のチェルシーファンの共通の認識なのかもしれないけど、いつまで「仕方がない」ですまされるのか? ちょっと早いかもしれないけど、もうそういうことも考え始めたほうがいいかもしれません。だって、これがランパード監督でなくサッリ元監督2年目だったとしたら、絶対に仕方がないなんて思わないでしょうから。アザール抜き&選手獲得ができない状況だとしてもね。

 さて、開幕戦。ランパード監督が目指しているスタイルって、ハードワークとか運動量とかなんでしたっけ? 確かに、積極的にプレスに行ったいた気はしましたし、運動量も多かった感じはしましたが、なんとなく「マンチェスター・ユナイテッドの戦い方への対策」がすっぽり抜けていた感じは見ていてしました。

 要は「マンチェスター・ユナイテッドのプレス」に対する対策。今の彼らの武器はカウンターであると思っているんですけど、それを許さないような戦い方を少しは考慮してもよかった気はしましたね。

 考慮していても防げなかったかもしれませんが、とにかく「ボールの失い方」が酷く、それがかなりの失点につながっていたように見えたのが気になりました。対策なんてしてなかったのかなと。まぁ、ランパード監督のスタイル上、その対策は難しいのかもしれないですが、現実的にそれで0-4という結果だったことは認識しておきたいところかなと。

 で、厳しいこと言わせてもらえれば、その「ミスや相手のプレスで、変な形でボール奪われてカウンターして大敗」というのは、普通に弱いチームのありがちなやられ方だと思ってます。さらに厳しいこと言えば、それってプレミア昇格したくらいのチームに毛が生えたようなレベルかなと。たとえば、仮にランパード監督がもし昨年のダービーというチームでプレミア昇格していて、そのチームが今期補強して同様に開幕でユナイテッドと戦っていっとしたら、この試合と同じような結果で終わったのではないかなと。

そう、この試合のチェルシーって、極論で言えば「プレミア昇格したチーム」くらいのレベルだったのではないかと個人的には思った次第ということ。

 なぜなら試合に出ていたメンツの何人かは「プレミア昇格組」レベルであると感じたのも、その理由の一つかもしれませんね。

 もちろん、そういう選手にもたくさん良いプレイもありましたし、これから成長する可能性は大ですが、「マンチェスター・ユナイテッド」レベルとの戦いでは、なかなか厳しいのかなと。シティBチーム以下と言われている、天下のユナイテッドレベルと比較するとね。

 マウント、アブラハム、ズマへの期待はわかりますよ(あっ、言っちゃった)。ただ、ぶっちゃけ、スタメンでカンテをアンカーで起用して、2列めにペドロ、ジョルジーニョ、コバチッチ、バークレー、FWジルーで「4-1-4-1」とする戦い方だってあったわけです。ユナイテッド相手だし、オールド・トラフォードだし。が、そうしないでマウントを起用する「ランパードスタイル」を貫いたわけですが、ランパード監督的には、それで勝てる勝算がどれくらいあったのか?

 もちろん開幕戦だし、まずは目指すスタイルで戦うという選択肢も、ある意味正しいとは思うのですが、何にせよ「そのランパードスタイルで戦えるレベルって、どれくらい?」という認識が、ランパード監督の感覚的に、どれくらいあったのかは気になるところ。バークリーの使い方も、それに伴って中途半端となってしまった感じですし、単純に選手のチョイスに関しても気になりました。

 もちろん、ランパード監督にだって何かしらの策があったとは思うのですが、それができていたのか? 効果的だったのかという話。

 あと、ダビド・ルイスの直前の移籍についてですが、理由は何であれ「サッリ流ポゼッション」を継承しない説からすれば、別に驚きはないと思っています。合わせて、昨日のユナイテッド戦の後半に「ジョルジーニョ→カンテ」という交代策を行ったことからも、「サッリ流ポゼッションからの決別」を改めて認識できた気はします。まぁ、それはそれでいいのですが、じゃそれを継承しない戦い方が有効なのか?と考えると、正直、微妙。

 サッリ流は捨てたが、かといって守備が強化された感もなく、なんとなくポゼッションも大切にしているのが中途半端に見えてしょうがない。

 だってズマとかクリステンセンとか「昨年ポゼッションに合わないから使われなかったり、レンタル出された選手」に、ユナイテッドのそこそこ厳しいプレスでポゼッションさせたら、やっぱ厳しいよねって話。サイドでワンタッチで華麗なパス回しを見せてくれた時間帯もありますが、試合トータルで考えたときのボールの保持の仕方というか「マインド」はどうなんだろう。

「攻撃のためのパス回し」だけでなく「目先の相手に取られないためのパス回し」の場合もあるうだろうけど、試合全体でどう戦うのか
っていうチームのスタイルが甘いって感じました。パスといえば、失点にもつながった超リスキーな縦パスに関しても、「お前らユナイテッドを、舐めているだろ?」って感じでしたしね。

 そう。パス回しだけでなく「試合全体的にユナイテッドを舐めていたこと」が、この大敗の原因という気がします。

 以上、かなり厳しいこと書きましたが、これも愛のムチ? もちろん試合に勝てば「手のひらを返して」いいことを書くかもしれませんし、そうなることを祈ってます。


サッカー ブログランキングへ




Posted on 2019/08/12 Mon. 15:04 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2019-08