FC2ブログ

プレミアリーグ「チェルシー対レスター」感想文 4-2-3-1で前後分断?   

マウントの先制ゴールは、彼の持ち味が出たものであったと思う。

高い位置からのプレスに行く運動量&スピード。守備の意識の高さ。奪ってからのシュートまでのスピード。無理な体勢からでも枠に打てるシュート技術。

確かに素晴らしかった。開幕戦とスーパーカップでは辛口な評価をしてましたが、このゴールは素直に評価したいです。

なるほど、ランパード監督はこういうプレイを期待していたのね。

で、たぶん、そんなプレイはランパード監督がチーム全体のコンセプトにしているところだったりするのでしょう。
 
縦に早いサッカーというか、前から積極的にプレスして、奪ってから素早くゴールに結びつけるサッカー。スピード重視。運動量重視。みたいなスタイル。

もちろん、そういうスタイルもありだと思うけど、個人的には、そのスタイルのデメリットが気になる次第です。

具体的には、試合が落ち着かないとか。基点が作れないとか、ためが作れないとか。何より、私の好きな縦のポジションチェンジがやりにくいのかなと。

要は「相手を崩す」という思考がチームとして生まれにくいとでもいいますか。

もちろん、マウントだけの問題ではないのはわかってますが、トップ下的なポジションに彼のようなスタイルの選手を配置すれば、自ずと攻撃の形が決まってくるところもあるのかなって。

プリシッチやペドロもプレイも似たようなものなのかもしれないけど、中盤や最終ラインを絡めた分厚い攻撃がまったく見られないのは、ある程度、守備を重視しているから?  それとも、単にスピードを重視しているから?

書いているうちに、その昔に流行した「4-2-3-1」で「4-2」と「3-1」で前後分断する、ベニテスのスタイルに近いように思えてきた。ランパード監督のサッカーが。

まぁ、それだって、それなりに機能すれば、勝ち点を積み上げられるのかもしれないけど、今のチェルシーがそれでいいのだろうか?

それが「最適解」ならいいんだろうけど、個人的には他に「最適解」がある気がしてならないという話。

ポゼッションが正義とは思わないですが、それなりのビッグネームの選手を集めた、プレミア上位を狙うチームなら、少しはそういうことを考慮した選手起用もしてほしいなぁと。

もちろん、ランパード監督のチームですし、彼の好きなように戦って問題はないですよ。ただ、試合に勝てないとなぁ…。

 
サッカー ブログランキングへ




スポンサーサイト



Posted on 2019/08/19 Mon. 23:39 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2019-08