FC2ブログ

久々にサッカー日本代表について 最後通牒ゲーム 

サッカー日本代表には「アジア仕様」と「世界仕様」の2つが必要と書いたのは、はるか昔のことですが、今の日本代表を好意的に解釈すれば「アジアから世界仕様」とも言えるのかな。

個人的には、なんでアジアで世界仕様で戦うの? その必要はあるの? って感じだけど、まぁ岡ちゃんみたいに直前で仕様を変えることは限りなくギャンブルなところもあるので、今の方が正攻法ではあるのかもしれない。

1990年のイタリア・ワールドカップ。イタリアは攻撃の中心にジャンルカ・ヴィアッリとロベルト・マンチーニを据えていた。だが、結果を出せない彼らに代わって交代で登場した若いサルヴァトーレ・スキラッチやロベルト・バッジョが大活躍。アンジェロ・ヴィチーニ監督は、結局、自らをこの「流れ」に乗せることを選択。(中略)
こうした、さまざまな問題がうまく解決できれば、緊張感の中から新しいダイナミズムが生まれて、一気に強化が進む可能性もある。そう、まるで南アフリカ・ワールドカップ直前の日本代表のような状況が生まれつつあるのだ。
引用元

「まるで南アフリカ・ワールドカップ直前の日本代表のような状況」というのが、いまいち何を指しているのかわからないんだけど、要は「世界仕様」にかじを切ったってことなんでしょう。で、今の日本代表は最初から世界仕様だけど、それがようやく形になってきたみたいな感じ?

つまり、南ア⇒アジアから直前で世界に
    今⇒最初から世界だけど、その完成度が上がった?

というか、南アのときはもっと単純に言えば「中村俊輔」を切ったんですよ。それがアジアから世界仕様への合図的なものだったと思うのだけどなんでそのことに触れないのか。その直前に1990年のイタリア代表を例に出してマンチーニからバッジオと「人の交代」に言及しておきながら。

まぁ、いろいろな理由があるんでしょうが、これってエアインタビューより質が悪いというのは言い過ぎですね。失礼。

ゲームの世界に戻って考えてみると、最後通牒ゲームは相手の側の得る利益が自分の損得と同じように重要だということを示しています。囚人のジレンマ(少子化という囚人のジレンマ参照)でいえば、自分が黙秘し相手が裏切って自白したとき、自分が重い刑罰を受けることも嫌なのですが、相手だけ裏切って得をするのが許せないという気持ちが働いて自白してしまうことが考えられます。チキンゲームでは、自分が回避行動を取って、相手が突っ張り続けたとき、自分がチキンと呼ばれて馬鹿にされるのもさることながら、相手が図々しいために得をするのが我慢できないという気持ちが、回避行動を取るのを妨げる可能性があることになります。引用元



サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

Posted on 2016/10/27 Thu. 02:26 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 最近のチェルシーについて 3バックはいいけど…  |  プレミアリーグ「チェルシー対マンU」感想文 酷い、ヤバイ、笑う »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/393-f43d5565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30