FC2ブログ

ウォーキングデット シーズン7 「悪意という名の街」について 

シーズン7。グレンがああなってしまい、個人的にはちょっとおもしろくないんですが、まぁ仕方がない。

第3話で、ジャムの名曲「Town Called Malice 悪意という名の街」がバリバリ使わていますが、内容とバッチリはまっている感じだったのは流石。というか、まぁ、わかりやすすぎ?

ただ正直、ここまで見てる感じニーガンの「恐怖政治」がなぜにここまで機能しているのかが、イマイチ伝わってこないと思っているのは私だけでしょうか?

もちろん「残忍さ」は表現できているとは思うけど、その「残忍さ」=「恐怖政治が成り立つ」ではないと思うわけで。まぁ、そのあたりの理由はこれから語られるのかもしれませんが。

というわけで、ポールとノエルの「悪意という名の街」をどうぞ。


スポンサーサイト

Posted on 2016/11/14 Mon. 01:24 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」と「ガーリッシュナンバー」の大きな違い  |  最近のチェルシーについて 3バックはいいけど… »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/395-813e732e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30