FC2ブログ

プレミア「マンチェスター・シティ対チェルシー」感想文 グアルディオラがチェルシー対策? 

■チェルシー対策? ミラー?

グアルディオラが戦術家であることはなんとなくは知っていたのですが、まさかチェルシーに合わせて「3バック」にしてくるとは思いませんでした。しかもホームで。

スカパーの解説者の人が「ミラー」と表現してましたが、単なる同じシステムだったかというと私は少し違ったように感じました。

チェルシーは「自分たちの持ち味を出すための3-4-3」だったのに対して、シティは「チェルシーのウイングバックを潰すための3-4-3」という意味合いが強かったみたいな。って、普段、あまりシティの試合を見てないので、もしかしたらチェルシー同様「自分たちの持ち味~」だったのかもしれませんが、要は「シティがチェルシーに合わせた」というのが私の感想。これまでの歴史的には「チェルシーが相手の長所を消す」事が多かったと思うのですが、まさかその逆をやられるとは驚きです。しかも、あのグアルディオラに! まさかって感じ(笑)。

ちなみに、そう感じた根拠は、チェルシーのウイングバックは守備時は引いて、おなじみの「リトリート5バック」となることが多かったのに対し、シティのウイングバックは下がるよりも「チェルシーのウイングバックにマンツー的に対応」という感じのシーンが多かったように見えたから。まぁ、結果としてそう見えただけで、やり方的には同じだったのかもしれませんが。

■ウイングバックを封じられた前半

というわけで、前半。上記の理由もあってか、チェルシーはウイングバックが仕事できない時間帯が多く、これまで好調の要因だった「サイド攻撃」が機能せずに苦しみます。サイドの攻防でシティに優位に立たれ、試合全体の主導権を握られている感じとでもいいますか。ただ、それでもなんとか守備陣が持ちこたえれるのが、今季のチェルシー「5バック」システムが優れているおかげ? 裏取られたシーンも何度かありましたが、3センターがキチンとカバーリングして得点を許さなかったのは立派でした。ウイングバックの守備意識が高いのもすばらしい。

で、このまま0-0で凌げるかと思った前半終了間際に、残念ながら「右のアーリークロス」からオンゴールで失点してしまいます。

まぁ、あれは仕方がないですかね。シティのアーリークロスはそれ以外にも何度かいい形をつくってましたが、チェルシーの5バック対策として有効なのかもしれないです。前の試合のスパーズがやったような「ボランチ脇のミドル」のほうがチェルシー対策としては有効だと思いますが、ミドルシュートの名手がシティにはいなかったことがチェルシー的には少し幸いでしたね。たぶん。

■GKの差が出た後半

で、迎えた後半。流れは前半同様にシティ。チェルシーはシティのプレス&「おなじみケーヒルの軽率なミス」から何度か決定的なシーンを演出されてしまいます。GKと1対1なシーンもありましたが、そこは我らが守護神クルトゥワ様が素晴らしい仕事を披露。見事なセーブで窮地を脱します。合わせてデ・ブライネが決定的なシーンを外すなど、シティのミスにも助けられて「追加点を与えないこと」ができたのはこの試合のポイントでした。ここで簡単に2点目を取られていたら、この試合負けてましたね。そういう意味では、この試合の個人的なMVPはクルトゥワでしょうか。

で、ピンチの後にチャンスありということで、同点弾が「セスクの縦1本」から生まれます。

要はシティの3バックはそれほど強固ではなかったということなんですが、ディエゴ・コスタが裏に抜けて「うまいトラップ」からそのま
ゴール。シティのゴールキーパーが平凡なお方だったことも、功を奏した感じでした。もちろん、決めたコスタは最高ですが、相手の守備がいまいちであったことも間違いないのかなと。

グラウディオラの3バックですが、「チェルシーのウイングバック対策」は見事だったけど、肝心の自分達の3バックシステムがイマイチだったのは、織り込み済みだったのだろうか?

まぁ、そこは4バックでも変わらなかったのかもしれないけど、チェルシーの5バックと比べると守備の意識はイマイチだったのかもしれません。

チェルシーの逆転弾はカウンターからでした。ここでもコスタがシティの3バックをうまくいなしてウィリアンに最高のスルーパスしたのが全て。すばらしいシュートがゴールキーパーの脇をかすめてゴールに吸い込まれます。チェルシーファン的には、思わずガッツポーズという感じの見事なカウンターからのゴールでした。もっとも、もしもシティのゴールキーパーが神だったら止められていた可能性もあったかと思うのですが、凡人だったことがここでも露呈された感じ? まぁ、決めたウィリアンが間違いなく最高でしたが。

つうわけで、チェルシーはサイドは完全に封じられるも「縦一本」と「カウンター」でゴール決めちゃうところが”神がかって”おりました。最後はアザールがこれまたカウンターから3点目を決めて快勝。終了間際のクンの殺人タックルショーは余計で不快でしたが、まぁ、仕方がない。試合はそのまま、3-1でチェルシーの快勝で幕を閉じました。最高の結果ですね。

快勝ではありましたが、唯一チェルシーで気になったのは「左のアロンソ」がまったく仕事できてなかったところ。ビッグマッチということでメンタル的にやられていたのかもしれませんが、それも含めてより一層の成長を期待したいところです。

にしても、何度もいうけど、まさか、あのグラウディオラがシステムまで変えて「チェルシー対策」してくるとはねぇ。


サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

Posted on 2016/12/04 Sun. 23:11 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« プレミア「クリスタルパレス対チェルシー」感想文 「5バック」「3バック」からの「1バック」  |  プレミア「チェルシー対スパーズ」感想文 前半の途中までは厳しい試合でしたが… »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/399-ead5478b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30