FC2ブログ

『ラブライブ!The School Idol Movie』地上波放送に便乗して。改めて感想的な 

 正月に劇場版「ラブライブ!」(『ラブライブ!The School Idol Movie』)がテレビ放映されたようですので、昨年の作品ではありますが改めて感想を書いておきます。チェルシーより、こちらのがアクセス数も稼げそうですし(って、アクセス数稼いだところで別になにもないんだけど)

 実は前に劇場版を見たときにも感想を書いたのですが、そのときは、恥ずかしながらテレビシリーズの内容を知らない状態でして。その後、改めてテレビシリーズ2期分を見た結果、この劇場版をきちんと解釈をしていなかったことがわかりました。解釈してないというか、あくまで映画単体での初見での感想だったので、シリーズを通じての感想も踏まえた感想を書いておきます。

 そう。要はこの映画、もちろんそれ単体で楽しむこともできるのですが、基本的にはテレビシリーズからストーリーが続いているので、シリーズを通して見ないとよくわからない部分があるんですよね。まぁ、映画を見に行った人のほとんどがテレビシリーズを見ていると思うので、そんな説明は不要かもしれませんが、私のような奇特な人もいるかもしれないので一応補足しておきます。

■「ラブライブ!」テレビシリーズについて

 というわけで本題。まずは、少しネタバレになりますが、テレビシリーズの大まかなストーリーから触れていきます。

まずテレビシリーズ1期では「学校廃校」を救うべく主人公の高校2年生・高坂穂乃果さんがスクールアイドルμ'sを結成するというのがお話のはじまり。メンバーは友達3人という状態での学校でのファーストライブは、観客ゼロというどん底からスタートとなりますが、そこで奮起する3人。彼女たは新たに1年生の3人をμ'sに加え、ファーストライブの屈辱を晴らすべく練習を重ねます。すると、それに合わせて「ラブライブ」というスクールアイドルの甲子園大会みたいなコンクールの開催が決定。3年生3人を加え9人となったμ'sは学校を廃校から救うことも兼ねて、その大会へ出場するを目指すことになります。そんな「ラブライブ」へ出場するための奮闘を描きながら、主人公・高坂穂乃果さん(たち)にとってアイドルグループは何かみたいことがテレビシリーズ1期のテーマとなっておりました。

 そして続くテレビシリーズ2期は、再び「ラブライブ」開催が決まり、μ'sが優勝を目指すという物語。その大会がμ'sの3年生にとって最後の大会になることを軸に描いていて、ラブライブでの優勝を目指すことと合わせて「3年生の卒業」と「彼女らにとってのμ'sというグループとは何か?」というのが主なテーマとなっております(間違っていたらすみません)。

以上、ざっと物語の概要を着しましたが、実は物語の構造的には「青春スポ根もの」に近いんですね。スポ根というか、全盛期の少年ジャンプが描いていた、いわゆる「勝利、友情、努力」の3要素がフィーチャーされた物語とでもいいますか。この「ラブライブ=スポ根」については以下の記事などでもクローズアップされていますので、参考に引用しておきます。

『ラブライブ!』の登場人物は、これまでの"萌えアニメ"にも通じるタッチで描かれているが、そのストーリーはむしろ"スポコン漫画"に近い。引用元

 もちろん、よくあるスポ根や昔のジャンプものみたいに、数多くの強敵が登場するわけではありませんし、血の滲むような努力をするわけではありません。ですが、男性がほとんど作品に登場しない本作では、恋愛要素は皆無な代わりに、9人の美少女アニメキャラをフィーチャーしながら、要所で「勝利、友情、努力」要素を盛り込んでいて、その「萌要素を活かしたスポ根感」がヒットした大きな要因となっていると思うわけです。

■劇場版について

 以上が、テレビシリーズの概要になりますが、それに続く劇場版では、そのテレビシリーズ2期の続き「彼女らにとってのμ'sとは何か?」がテーマとなっております。

 もっと具体的に言うと、μ'sは高校生限定の「スクールアイドル」なのか、それとも高校卒業後もアイドルとして活動するのかみたいなことです。

 実はテレビシリーズ2期の最後に、彼女たちはその答えを見つけて、そうすることに決めていたのですが、劇場版ではそこにμ'sが予想以上に人気が高くなったことや「ラブライブ」という大会自体がより注目されることになったことがプラスして「μ'sの今後は、単なる彼女たちだけの問題ではなくなった?」みたいな要素も加わっています。

高校生限定か、継続か???

 で、これを先のテレビシリーズでの分析同様に構造で考えてみますと、劇場版はテレビシリーズの3要素である「勝利、友情、努力」をベースにしつつ、主にその1要素である「友情」部分を描いている作品といえるんですね。つまり、「ラブライブ!」の魅力の本質である3要素のうち、「勝利」「努力」部分は劇場版では描かれてないわけで、そこはテレビシリーズを見て補完する必要があるということなわけです。

つまり、劇場版はそれ単体ではなくテレビシリーズ2期を通して見るべき作品であるということ。

 もちろん劇場版には「友情」要素以外に、「自分探しの旅」みたいなテーマをうまく盛り込んでいるほか、そこに、もう一つの作品の魅力である美少女キャラの萌え要素やアメリカのテレビドラマのgleeのような劇中歌やミュージカル要素もあり、それだけでも十分に楽しめます。ですが、「ラブライブ!」という作品の本質的な魅力から考えると、「勝利」「努力」部分をうまく描いているテレビシリーズから通して見ないと、その面白さは半減となるみたいな感じでしょうか。

以上。って、まったく感想になっておりませんね、これ。わざわざ書く必要がなかったかもしれません。大変失礼しました。

ちなみに、音楽では洋楽やヘビメタや渋谷系が大好き私ですが、「ラブライブ!」の楽曲も大好きでして、最後に中でもお気に入りを何曲かここで紹介して終了したいと思います。

まずは劇場版から「Hello,星を数えて」。ジャジーなコードが心地よい、ちょっぴりオシャレなナンバー。渋谷系が好きなアナタにもおすすめな曲です。


続いては、テレビシリーズ1期から「僕らのLIVE,君とのLIFE」。イントロ部分がかっこいいのはもちろん、畑亜貴さんの歌詞が秀逸ですね。特に「君」や「僕」という呼称を使っているところや、「そうだよ」とった接続詞の使い方が好きですね。「そうだよ 信じるだけで ぐんぐん前に進むよ 君が!」なんてフレーズ素晴らしすぎます。


他にも名曲はたくさんありましたが、キリがないのでここまで。あ、ついでにgleeではビリー・ジョエルの「ピアノマン」歌うところが好きですよ~。



というか正月早々、暇だなオレ…。



スポンサーサイト

Posted on 2017/01/04 Wed. 16:24 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« プレミア「スパーズ対チェルシー」感想文 ゾーンなのか人なのか再び  |  プレミア「チェルシー対ストーク」感想文  個の守備力と連動性 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/404-91967285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30