FC2ブログ

プレミア「スパーズ対チェルシー」感想文 ゾーンなのか人なのか再び 

ストーク戦でも書いたけど「個々の守備力があってこそ」なんですよね。モーゼスは本来ウイングバックの選手でないし、サイドバックでもない。アスピリクエタも本職はセンターバックでないわけで、その2人のあたりのゾーンはチェルシー守備陣の弱点なんですよ。で、そこを、スパーズに攻略されてしまいました。

デルアリのポジショニングがうまかったけど、モーゼスとアスピリクエタはゾーンでなく人で守るべきでした。まぁ、その切替は難しいとは思うのですが、オフサイドトラップをかけるでもなく、人をケアするでもないゾーンディフェンスは、やっぱ脆弱かなと。

あとエリクソンに自由にセンタリングさせたチェルシーの中盤も問題あったと思います。マティッチとアザールね。特にマティッチは軽かった。まぁアザールの守備はあれだから仕方がないのかもしれないけど、前半終了間際という危険な時間帯であったことや、それまでスパーズが優勢だったことを考慮すると、もう少しチームとして守備に対して慎重になっていてもよかった気はしますね。

ストーク戦は攻撃でねじ伏せることができたから、その幻想をいだいていたのかもしれないけど、前回のスパーズ戦でもプレスに苦しめられたわけだし、攻撃が苦戦することは前もってわかっていたはず。つまりは攻撃よりも守備重視な戦いにすべきだったと思うんです。

というか、攻撃で考えるなら、こういう中盤の守備が厳しいチームに対しては「裏へのパス」が狙えるセスクのほうがよかった気がするんだけど、ローテーションした事自体はいいと思うので、そこは仕方がないですかね。

スパーズがしっかりとチェルシー対策立ててきたので仕方がないってところも多々ありますが、ちょっと相手を舐めていたところはあった気がします。

この敗戦を機に、もう一度、初心に帰ってみるべきかもしれません。メンタル的な部分において。

ちなみに、これからもアスピリクエタとモーゼスのところでやられることが続くようでしたら、そのどちらかにイバノビッチを起用するなんて策もあるかもしれませんが、そうなると全体的なバランスが悪くなるんだろうな~。もろ5バックみたいになって。

コンテの3バックは攻守のバランスの良さが鍵となっていると思うので、アスピリクエタとモーゼスは変えずに、彼らの守備力を鍛えていくほうが正しいチーム強化法なんでしょう。というか、中盤のプレス強化が1番の特効薬ですかね。


サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

Posted on 2017/01/06 Fri. 00:35 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« モウリーニョが失敗して、コンテが成功した理由はあるのか? 練習方法とプレイコントロール  |  『ラブライブ!The School Idol Movie』地上波放送に便乗して。改めて感想的な »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/405-5b4ad791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30