FC2ブログ

プレミア「レスター対チェルシー」感想文 ウイングバックとコンパクト 

ディエゴ・コスタの不在はモヤモヤするところはありますが、特に問題はありませんでした。

今のチェルシーの3バックシステムだと、ゼロトップというか「アザールのワントップ」でもなんとか形にはなるんですよね。理由は、「ワントップに電柱のお仕事がそれほど求められてない」こと、「戦術的にチームとしてカウンターの意識が高い」こと、「アザールにキープ力がある」ことなどかな。

というか、ワントップの柱よりも、3人のFWやMFとの距離感がコンパクトであることのが重要とでもいいますか。

あと、この試合、アロンソが2ゴール挙げてますが、このようにウイングバッグがゴールに絡めるというのが、今のチェルシー3バックの最大の強みでもありますよね。3点目もモーゼズの仕掛けから生まれてますが、ウイングバックがある程度仕事できれば、チェルシー的には勝算が高いということなのかなと。

そして、レスターがホームでの戦いだったためか、あまり「チェルシー対策」をしてこなかったことも勝因の1つでしょう。 

というか開始早々に先制ゴールが決まったこともありましが、正直、この日のレスターはまったく怖くなかったですよね。ぶっちゃけ、この試合に関しては、そんなところですかね。

最後に、話は変わってレンタルバック組が6人について。いまいち意図がわからないのですが、単なる契約の問題なのか、お金の問題なのか、それとも来季を踏まえた人員整理のためなのか?

チェルシーは今冬、夏にレンタルした選手が続々復帰。U-21オランダ代表DFネイサン・アケ、ブラジル代表MFウォレス、同MFルーカス・ピアソン、U-23同代表MFケネディ、U-21ベルギー代表MFチャーリー・ムソンダがすでに戻っており、バンフォードは6人目となった。
引用元

 青田買いしてレンタルというビジネスが、果たして本当にチェルシーにとって有益なのか? 例えばピアソンとか長い間レンタル続きですが、ビジネス抜きにチェルシーの未来にとって本当に必要な人材なのかどうか、
もうそろそろ本気で考えるべき時期な気はしますね。


サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

Posted on 2017/01/15 Sun. 18:17 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« プレミア「チェルシー対ハル」感想文 いいFWとは?  |  モウリーニョが失敗して、コンテが成功した理由はあるのか? 練習方法とプレイコントロール »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/407-c20bd646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30