FC2ブログ

プレミア「チェルシー対シティ」感想文 アブラモビッチは脱金満チームを望むのか? 

よく戦った。仕方がない。相手が素晴らしかった。

適当に書けば、そんなところでしょうが、チェルシー的には最終ラインの個々の守備力に問題があった気はします。ダビドルイスの出場停止が痛かったのは事実ですが、そういう事態にそれを補える人材が不足していることが露呈された感じはしてます。何度も言いますが、選手個々のレベルが落ちているんですよね。金満で補強していた時代と比べますと。

もちろん、若い素質のありそうな選手を起用しながら、長い目で育てていくということは必要であると思いますが、現実的に考えると、それはある意味チームの「ウィークポイント」であるのも確かなわけで。単純に考えれば、そこがこの試合の敗因のひとつかなと。

「ポゼッションを好むチームと対戦するとき、チームが取る戦術はどちらかになる。試合を通して、インテンシティを持ってハイプレスをかける。若しくは、ディフェンスラインを下げてスペースを埋める」
引用元


ハイプレスもスペースを埋めることも、どちらも必要であると思うんですが、現時点のチェルシーに関しては後者を賄える人材不足だったようにも見えました。失点シーンを見るとね。

リュディガーとバカヨコにだってそれなりにお金は使っているのでしょうし、彼らのような素質ある選手がスーパーな選手に化ける可能性はもちろんあるのでしょう。現にこれまでも、そういう選手だってそれなりにいましたが、今期のチーム全体的なイメージから考えると、これまでの「金満」を武器に歴史を築いてきたチェルシーとは、ちょっと違う匂いがするんですよね。

あっ、ビラス・ボアス監督時代に近いかな?

ご存知のようにその時は失敗しましたが、今期はその失敗を繰り返さない我慢強いチェルシーとなれるのか?

もし、それなりの代償を払うことになったとしても、それを全うする必要があるのか? それとも、ないのか?

もちろん、監督は優秀なので、まったく代償を払わない結果で終えることができる可能性は高いとは思いますが…。

まぁアブラモビッチが脱金満チームを望んでいるのなら、それはそれでOKですが、それにしたって今期の「お金の使い方」に関しては再度、検証したほうがいい気はします。


サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

Posted on 2017/10/09 Mon. 22:15 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« ハリルホジッチ日本代表の戦術、国民性と個人戦術  |  ハリル「ポゼッションがすべてではない」というメッセージの危険性について »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/423-d95169d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30