FC2ブログ

サッカー練習試合「日本代表対ブラジル代表」感想文 アンチフットボールの観点から失点シーンをみつめて 

失点シーン(3失点目ね)を見て感じたことを、つれづれなるままに書いておきます。

・気をつけるべきはカウンターだったと思うので、3失点目は日本代表の11番のボールのとられ方が非常にまずかったと思いました。ウイングがドリブルで中に切れ込むというプレイはわかるんだけど、結果として「ブラジルの守備3人;日本11番1人」という形になってしまったわけで。ぶっちゃけボールの獲られ方としては最低だったように見えました。まぁ、勝負したこと自体は評価したいけど、ファウルをもらうまたは奪われたら即ファウルで止めるくらいのプレイが必要だったのではないでしょうか。

・まぁ、すでに2点ビハインドだし、ビデオ判定の導入でファウルしにくい状況だったのかもしれないけど、「弱いチームは汚いファウルでプレイを切る」というのが鉄則な気はするんですけどね。

・で、11番がボールを奪われてブラジルのカウンターを食らうわけですが、「センターサークル付近でファウルプレイで止めるべきだった」というアイデアは、アンチフットボール大好きの私だけの発想なのでしょうか。まぁ2点ビハインド状況ではあるのだけど。

・ペナルティエリア付近のファウルは危険だとは思うのですが、自陣から遠くの位置では「イエローもらわないファウル」をもっと多用するのは必要だと思うんですけどね。国民性的にファウルはダメという思考はあるのかもしれないけど、相手にとってみるとファウルしてこないというのは非常にありがたいことだと思うわけで。そのあたりは、一度、議論の対象にしてもいいと思うんですけどね。

・その後、ペナルティエリア付近まで攻め込まれまずが、一度、日本代表の22番だったかがボールをクリアするんですよね。かろうじて。ですが、これをブラジル代表また拾われてしまう。まぁ「よく、クリアしたのに不運だった」とは思うのですが、あえて苦言を言うとすればクリアの仕方が「つなぐ」のか「アウトオブプレイ」なのか意識してできればよかった気もしました。これは2失点目にもつながる話ですが、中途半端なクリアボールというのは危険なんですよね。

・最後は、センタリングされたときのバイタルエリアのケア。まぁブラジルがうまかったのでどうしょうもなかったとは思うのですが、「最終ラインとゴールキーパーの間のスペース」はあの状況下ならゴールキーパーにもう少しがんばってもらいたかった気もします。というか最終ラインも、あの状況下ならゾーンでなく人をケアですよね。まぁ、当然、そうしていたのでしょうけど、それでもやられてしまったというところでしょうか。

【まとめ】
 アンチフットボールというのは、下手に攻撃をすることで逆に相手にカウンター攻撃をされるリスクをも考慮して「無視して攻めない」という、いわば「石橋を叩いて渡らない」戦法なわけで。要は、この日本代表の「3失点目」のようなものを避けるために計算された戦法であるということです。そのあたりについて、一度シャビとじっくり語り合うのが夢です。


サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

Posted on 2017/11/11 Sat. 20:31 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« プレミア「ウエストブロム対チェルシー」感想文 ビエラみたいにならないかな?  |  プレミア「チェルシー対マンチェスターユナイテッド」感想文 オフ・ザ・ボールの動きとか »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/426-5e9c8941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30