FC2ブログ

プレミア「エバートン対チェルシー」感想文 ある意味必然のスコアレス 

ウイングバックシステムに、アザール、ペドロ、ウィリアンという3トップって、どうなんでしょうかね?

何度かサイドからのセンタリングに3トップが惜しいシュートを打ったシーンはありましたが、あまりゴールするイメージもあまりわかないんですよね。

その3トップはチャンスメイクという面ではすごくいいと思うのだけど、得点力という面から考えると、あまり組み合わせ的にはよくないのかなと。

要はいわゆる「ゼロトップ」に近いと思うのですが、それなら杯で成功したリッピのイタリア代表の「ゼロトップ」のような「縦のポジションチェンジ」がないと攻撃面では厳しいと思うわけでして。

この試合のバカヨコ&カンテの中盤だと、そういう攻撃の形を作るのは難しいと思うし、そう考えると今のチェルシーのシステムだと「ゼロトップ」は合わないのかなと。

というわけで、ある意味、必然のスコアレスドローだったと思いました。



サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

Posted on 2017/12/24 Sun. 00:15 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« サッカーの戦術も「デザイン」である  |  E-1選手権「サッカー日本代表対韓国代表」感想文 アジアで負けて世界で勝つ方程式? »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/431-8cfadb5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30