FC2ブログ

プレミア「チェルシー対ストーク」感想  シュートを自由に打たせない守備 

 ゾーンディフェンスだろうがマンマークだろうがどちらでもいいのですが、組織的な守備戦術の大きな目的は「相手選手に、絶好の位置から簡単にシュートを打たせないこと」であると思うわけです。で、それができてないチームからは比較的ゴールがしやすい気はしてます。この日のストークがまさに、そんな感じでした。

 ここでいう「絶好の位置」とはペナルティエリア周辺であり、「簡単にシュートを打たせない」とはポジショニングや相手との距離を詰めてシュートを万全の体制で打たせないこと。そこを意識して守備することが大事なのかなと。

 もちろん、高い位置からプレスとか連動性も大変大切なことであるとは思うのですが、それなりのテクニックがある強豪チームに対して、それを90分間ミスなしで行うのは至難の業だと思うわけです。だからこそ、いわゆる「バスストップ守備」というのは最終ラインの位置を低くして、相手にシュートを打たせたくない位置を集中的に守るわけですよね。

 もちろんストークだってそんなことは百も承知なんでしょうが、それ以外の部分に気を使い過ぎたのか、そこから綻びが出た感じでしたね。

 チェルシーの先制ゴールはセットプレイからでしたが、その後の追加点は、そんな相手のプレッシャーが弱かったことが幸いし「バイタルエリアからのシュート」が決まったものがほとんど。特にペドロは、その位置で比較的自由にプレイできると威力を発揮できる選手なので、ストーク守備陣は守備のアプローチを誤った気はしましたね。まぁチェルシーファン的には、もちろんよかったですが、ペドロにはこの調子でがんばっていただきたいです。合わせて、ここまで攻撃であまり目立ってなかったドリンクウォーターやザッパコスタにもゴールが生まれたのは嬉しい限りです。積極的にシュートを打った姿勢を評価したいですね。


 ちなみに、ストーク守備陣の崩壊の理由は定かではありませんが、それなりにフィジカルと守備力がある選手をトータルで戦術的にまとめることができれば、マンチェスター・シティだって抑えることができるわけです。クリスタルパレスみたいに。もちろん、コンディションとか運の要素もあるんでしょうけど。

 番外編で合わせてこちらについて。

チームを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督は、補強費用の差が勝ち点差につながっていると弁明していたが、キャラガー氏は『テレグラフ』でポルトガル人指揮官の代わりにグアルディオラ監督が就任すれば、現有戦力でもリーグ制覇できると語った。
引用元


 やっぱグアルディオラは人気ありますね~。やっぱ哲学的なところも大きいのでしょうか。哲学とは、簡単に言えば守備的とか攻撃的とか、ポゼッションとかアンチフットボールとかいうこと。もちろん、それってあくまで一部を誇張しているところはあるわけですが、モウリーニョのほうが守備に重心を置いている感じですし、リスクに対する備えも高いところはあるんでしょう。

 で、守備的&アンチフットは結果を出さないと叩かれやすいんですよね。まぁジーコみたいに攻撃的&ポゼで大敗して叩かれる場合も多々あるわけですが(笑)、それなりのビッグクラブですと「弱者のスタイル」で勝てなくて叩かれないわけがない(笑)。

 私はその哲学自体が悪とかダメとか思ってはいませんよ。それを体現できる選手がうまく機能すれば、タイトルだって取れると思いますし、現にかつてのチェルシーではそれを成し遂げたわけですから。

 ただ、ここ数年での結果や内容を比較すると、モウリーニョがイマイチなのは確かでしょう。

 もちろん、結果がすべてではないし、内容こそが重要と考える人も多いのでしょうが、そのあたり総合で考えるとグアルディオラのほうが全然勝っているのは確か。

 ただ、みんなが「グアルディオラ万歳」となってしまうのも、問題ありな気はします。

 私はコンテ監督のやり方は気に入ってますし、アンチフットボールだって嫌いではないですよ。


サッカー ブログランキングへ






スポンサーサイト

Posted on 2018/01/01 Mon. 15:19 [edit]

CM: 2
TB: 0

top △

« プレミア「アーセナル対チェルシー」感想文 チェルシーの守備コンセプト  |  アップルがiPhoneバッテリー交換の割引発表 新端末よりもバッテリー交換需要が増える? »

コメント

守備重視ももちろんですが、モウリーニョは最終ラインのビルドアップ能力を軽視しすぎた印象があります。
逆にシティはそこで最終ラインに大金をかけた成果が2倍にも3倍にもなって返ってきているのではないでしょうか。

ボールス #5RWdpE0w | URL | 2018/01/01 22:15 * edit *

Re: タイトルなし

> 守備重視ももちろんですが、モウリーニョは最終ラインのビルドアップ能力を軽視しすぎた印象があります。
> 逆にシティはそこで最終ラインに大金をかけた成果が2倍にも3倍にもなって返ってきているのではないでしょうか。

コメントありがとうございます。今年もよろしくお願いします。ビルドアップはそうかもしれませんね。って言うほど、ユナイテッドの試合を見てないのですが、チェルシーの監督時代もそんな感じでしたし、そういうイメージはあります。

doroguba #- | URL | 2018/01/04 15:31 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/435-1f4858f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2019-08