FC2ブログ

プレミア「チェルシー対ワトフォード」感想 というか守備崩壊について 

日本時間で早朝に行われる試合は観戦パスさせていただいているのですが、ここ数試合の守備がかなりひどかったようで。

守備崩壊の原因はいろいろあるのでしょうが、ダイジェストなどで見た感じ「中盤と最終ラインの連携」部分に問題の1つはある気はしました。

単にケーヒルの個人的な対応の悪さが目にはつきますが(笑)、相手にいい形で最終ラインの前でボールを持たれ「1対1」の
状態となってズルズルと下がって失点というのは、最終ラインの対応だけの問題ではなく中盤の守備にも原因はあると思いますので。もちろん、ワトフォード戦は退場者が出たことによる数的不利な問題は多分にあったかと思いますが、それにしてもあの崩され方はヤバイかなと。

まぁそもそも論として攻撃が機能してないので、その影響として守備崩壊につながっているところもあると思いますので、チーム全体のバランスを整える必要があるのかもしれません。で、個人的な応急手当案としては「中盤の守備強化(3ボランチ)」と「攻撃の起点となれるワントップの起用(ジルーがんばれ)」というのがいい気はします。

ちょうど、この冬獲得した選手の起用がそれらの案を実現に最適な気もしますので、ここは思い切って新獲得選手を起用してもらいたいところです。

ちなみに、個人的にはチャンピオンズリーグは捨ててプレミア最優先で戦ってほしいのですが、これまでの経験上チームの方針的にそれはないのでしょう。となるとコンテの進退はチャンピオンズリーグの結果にかかってくる可能性は大なので、それなりにがんばって苦難を乗り越えてくださいという感じでしょうか。

まぁ、現状の結果を見る限りは交代やむなしという感じにはなってますがね。


サッカー ブログランキングへ






スポンサーサイト

Posted on 2018/02/07 Wed. 09:32 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 「ボランチ=司令塔」はどこへ行く」とか「監督がゲームを作る」とかの違和感う  |  プレミア「ブライトン対チェルシー」感想文 他の選手を活かすプレイ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/439-ad7f161f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30