FC2ブログ

ハリルホジッチ サッカー日本代表について 来るべきAI時代に求められるプレイとは 

「日本人を監督に? サッカーわかってない」

このような考えを一蹴するような意見は、正直、説得力ないと思いますよ。

私は個人的には日本人の監督に変えたって、それほど変わりはないと思っています。その昔、岡田監督が南アフリカW杯でしたっけ? そこで結果残してますし、それと同じくらいできる可能性は高いかと。

ただ、やっぱ「ブランド」ある方を監督にしたほうが、世論的というか世間体的には都合がいいというのはある気はするし、そういう狙いがあると説明するほうが、まだ理に適っているかと。

「名将を連れてきたけど、結果を残せなかった」というほうが、「日本人監督を起用したけど、結果残せなかった」よりも、言い訳として通じるのでしょうし、見ている我々もたぶん納得がいくのだと思うからです。

日本サッカー協会の偉い人も、たぶんそう思っているのでは? 日本人の監督だと、たぶん世論的に「海外の名将を連れてこれなかった協会が悪い」となる可能性が高いし、それこそが協会的には1番避けたいところなんでしょう。

なーんていうのは、嘘。冗談です。

もう少し真面目に考えてみますと、監督には経験が重要な要素であり、それがあるかないかというのが、たぶん選定理由のポイント。特に「グループリーグ突破」が目標となる日本代表レベルの国においては、1つの有用な監督選定のポイントになっているのは間違いないと思っています。で、その選定ポイントの結果、必然的に外国人が多くなるのかなと。

サッカーのスタイルとかも考慮しているのかもしれないけど、たぶん、それよりも経験や結果重視。

「グアルディオラ連れてこい」っていうのは無理な話ですし、そういう「サッカーのスタイル」までは考慮してないのではないかな?

たぶん、多くの日本人にとっての理想的なW杯はグループリーグを2勝1敗で突破して、決勝トーナメントでブラジルとかドイツと対戦して善戦しつつも惜しくも敗戦って感じなんでしょう。しかも、可能ならアンチフットボールでなく攻撃的なスタイルで善戦みたいな。

日本サッカー協会もそう思っていて、それを考慮して監督を選んでいるのかしら?

もしそうなら、果たしてハリルホジッチ監督に、そのあたりのストーリーが共有できているのかっていうのは、結構疑問だったりしてます。

まぁ、たぶん「おまかせ」なんでしょうが、「岡田監督と同じスタイルじゃヤダ」って思いがもしあるのなら、それはちゃんとリクエストしないとだめだと思うんですよね。

そう、サッカーのスタイルや目標や理想ってやつを、どこまで共有しているのか。

もしかしたら、まだ、そのあたりの目標や理想を共有できてないのかもしれませんが、それってかなり問題だと思う次第です。

本来は大前提としてまず目標や目的が共有できていて、それに対してPDCAしていくのが大事だと思っているのですが、それがまったく感じられないのが、個人的に最近の日本代表サッカーが「つまらない」最大の理由。

私が感じられないだけなのかもしれないけど、なんとなく、協会、監督、選手が「同じ絵」「同じ設計図」を思い描けてないように見えるのは、かなり問題であると思ってます。

完成図がわからないで作業するのって辛いと思うし、見ている方も退屈だと思うんです。

もし完成図を提示しているのに、できないとするなら。それは伝える側の問題なのか、それとも伝えられる側の理解力や実力の問題なのか。

私の年齢からそれを考えた場合、ふつう「伝える側の問題」と捉えます。もちろん、最終的に結果を残せれば成功なのかもしれないけど。

「よくわかんないけど、言われた通りやったらできた」じゃダメな時代だと思うんです。「指揮官のコンセプトを理解して、それを自分たちで考えて消化して、よいパフォーマンスができた」でないと。

以上です。


サッカー ブログランキングへ




スポンサーサイト

Posted on 2018/03/28 Wed. 01:22 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« プレミア「チェルシー対トッテナム」感想文 今期総括的な  |  サッカーのメインファン層とは? »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/450-0eecc1ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30