FC2ブログ

プレミアリーグ「チェルシー対サウサンプトン」感想文 勝ったけど問題はあり 

交代策とそれに合わせた4-2-3-1へのシステム変更が功を奏した感じですが、そもそもサウサンプトン相手に0-2という劣勢を強いられた戦いぶりは問題であったと言えるのでしょう。

前半、モラタとアザール、ウィリアンが細かいパスで連携を図っていたのは感じられましたが、スペースメイクする動き出しが少ない感じで、相手からすると守りやすかったようにも感じられました。マークする相手が決まっているし、パスルートも読みやすいとでも言いますか。

もちろん、アザールの個人技や出会い頭のカウンターからチャンスメイクする場合もありましたが、もう少しポジションチェンジやスペースメイクする動きを取り入れた「リスクを冒した攻撃」をしないと厳しい気はしましたね。

途中交代のジルーが2ゴールしたのは収穫でしたし、次は先発で使ってほしいところです。


サッカー ブログランキングへ




スポンサーサイト

Posted on 2018/04/15 Sun. 20:52 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« プレミア「スォンジー対チェルシー」感想文 セスクのゴール数  |  プレミアリーグ「チェルシー対ウエストハム」感想 センターバックとアザールシステム »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/455-03d11a61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30