FC2ブログ

プレミア「チェルシー対リバプール」感想文 ウィリアンでなくバカヨコ 

簡単に考えれば、ウィリアンでなくバカヨコを選んだ理由が答えなのだろう。

要は3トップでなく3ボランチにした理由だ。

相手はリバプール。マンチェスターシティと比べれば、ポゼッションからの攻撃力はそれほどではないし、怖いのはポゼッションされることではなく前線にスペースを与えてしまうことだ。

もちろん、チェルシーの5バックは低いラインをベースにした守備システムなので、ペナルティエリア付近のスペースを消すのは問題ない。

問題は「5ラインの前のスペース」だ。

カンテ。

彼の存在はもちろん大きいが、彼1人にそのスペースを任せるのはリバプール相手に酷だ。

バカヨコでもいい。やつを中盤に置くことで、彼の仕事は確実に軽減する。

というか、3ボランチにすることで、彼の守備面での良さはより生きるはずだ。

2トップだと確かに攻撃力は落ちる。

ただクロップはウイングバックを殺すという「チェルシー対策」はしてこないはずだし、ある程度、ウイングバックが仕事できれば
エデンとジルーだって生きることだろう。

時代遅れの分析かもしれない。が、ウィリアンでなくバカヨコを起用したのは確かだし、それで勝てたのも事実だ。


サッカー ブログランキングへ




スポンサーサイト

Posted on 2018/05/08 Tue. 00:34 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« ハリルホジッチ監督はどうするべきだったのか? 政治面から考える、協会とのひとつの戦い方  |  プレミア「スォンジー対チェルシー」感想文 セスクのゴール数 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/457-99da63b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30