FC2ブログ

W杯向け親善試合「サッカー日本代表対スイス代表」感想文 問題点はあるよね? 

ガーナ戦に続いて決定力(の問題)ということになるが、そこまでの流れ、動き、アプローチは決して悪くなかった。
(中略)
当然、ハーフタイムにその対応についての意見交換はあった。まず縦ボールに対する酒井高徳のアプローチのアングルはどうだったか、仕掛けられたときにボックスの外でなぜ対応しなかったのかという話は出ていた。軽率というか、10cmのアプローチの角度が違っていたり、最終的なアタックの瞬間のタイミングが悪かったりというところだったと思う。
引用元

本当に「流れ、動き、アプローチ」は悪くないと思っているのか? まぁ、確かに可能性はゼロではないのかもしれないが、攻撃に関してはどちらかというと明確な問題点があって、そこをクリアしないと「流れ、動き、アプローチ」は無駄になる感じはしましたね。

1、ペナルティエリア周辺での「数的優位な状況を形成しての仕掛け」
2、本田のサポート(孤立させない)
3、本田の決断力(チームとしてのリスクを考慮させたプレイ)
4,もっとドリブル勝負すべきじゃん? サイドから。


要は「サイドから適当にセンタリング上げてもゴールはできないんじゃね?」「本田が勝負すべきでないところで勝負して、どちらかというとピンチ招いてない? チャンスメーカーではなくピンチメーカー(笑)」ということが言いたいんですが、まぁ、もちろん相手によってそのあたりの状況は変わる可能性はありますし、今のままでもいいのかもしれませんが。


守備についても、明確な問題点はあるように感じました。

1、最終ラインとGKの連携やばくね。最終ラインの位置が中途半端?
2、PKは論外だけど、要はファウルするならペナルティエリア外を徹底すべきじゃね?
3、3センターの中を長谷部にする意味なくね?


まぁ、本田が「南アの岡田式リトリートブロックはいつでもできるよ」と豪語しているみたいだから問題ないのかもしれないけど、それをやるにしてもここ数試合のPKにつながるアホなプレイは問題となると思うし、最終ラインとGKの連携は基本中の基本だと思うので、それができてないのは論外な気はします。



サッカー ブログランキングへ




スポンサーサイト

Posted on 2018/06/10 Sun. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« サッカーロシアW杯「日本代表対コロンビア代表」感想文  |  サッカー日本代表 西野監督はW杯でどう戦うべきか?す »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/464-9e0e3789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30