FC2ブログ

VAR判定導入で改めて考えたい、サッカーのファウル基準 

ビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)導入はいいと思うけど、結局、それ見てジャッジするのは人間であるし、その「人間の判断基準」について改めて考える時期なのではないか。

サッカーのルールに踏み込もうって話。

現状は、ある程度の体のコンタクトはファウルにならないと認識しているのですが、ファウルの基準は果たして妥当なのか?

イエローカードとレッドカードの明確な違いはどこにあって、それは妥当なのか?

ハンドは故意の場合と、偶然の場合では違いがあるのか? 手が体にくっついていれば、ハンドしても「体の一部」という判定?


今回のワールドカップ。フランス対オーストラリア戦でのVAR判定。あれは本当にファウルで妥当だったのか? ペナルティエリアでスライディングして接触したら、すべてファウル?


コロンビア対日本。例のあのプレイは「退場」でよかったのか?


大切なのは、ファウルは何のためにあるのかということ。試合を成立させるため? サッカーを面白くさせるため? つまらなくさせるため?

ファウルで「つまらなくなった」試合はたくさんあるけど、おもしろくなった試合はあまりない。

ラフプレイ対策というのはあるのだろうけど、じゃ体のコンタクトはすべて禁止というスポーツとなったら楽しいのだろか?

サッカー ブログランキングへ




スポンサーサイト

Posted on 2018/06/21 Thu. 00:36 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« サッカーロシアW杯「日本代表対セネガル代表」感想文  |  サッカーロシアW杯「日本代表対コロンビア代表」感想文 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/466-f828c498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30