FC2ブログ

サッカーロシアW杯「日本代表対ポーランド代表」感想文 

これまでの試合から6人交代。

疲労を考慮したのか? それとも、控えの選手のメンタルを考慮したのか?

たぶん前者なんでしょうが、「1勝1分という状況」や「ポーランド代表との力の差」や「各々のチームのメンタル」などの状況を
分析した結果の判断だったのでしょう。

まずは、その楽観的な決断に乾杯。

個人的には、ちょっとリスキーな選択だったと感じてます。もちろん、選手のコンディションが良いほうがベストなんでしょうが、
決勝トーナメントへの切符を逃すリスクと天秤にかけた場合、果たしてその価値があったのか? 

ないでしょ?

そもそも、決勝トーナメントに進出したとして、その温存した選手のコンディションがどれくらい「役」に立つのか?

まぁベルギーにせよイングランドにせよ、その温存した選手たちが大活躍して勝利する可能性もありますが、個人的には「まずはグループリーグ突破に全力投球」して欲しかったというのが率直な感想。だって、そのレベルのチームであると思うから。

で、試合についてですが、「ゴール前のスペースを消される」と、とたんにゴールできる可能性が低くなるというのは、前にも書いたとおり。もちろん、惜しいシーンがいくつかありましたが、日本代表の攻撃は「サイドバックの裏のスペースを消す」ことに成功すれば、ある程度は抑えることができることは改めて証明された気はします。まぁ、このポーランド代表というチームが、カウンター中心のサイドバックの攻撃力が脅威でないチームだったからというのもありますが。

失点シーン。なんだ、お得意の「オフサイドトラップ」はやめたんすか?

最後のグダグダについて。これについては、正解であったと思ってます。いくら疲れていたとはいえ、ポーランド代表に最終ラインの裏のスペースを与えることはリスキーであったと思うし、「攻撃するリスク」と「失点するリスク」を天秤にかけるなら、後者を考慮するというのは正しいと思うから。

もちろん、セネガルが追いついていたらジ・エンドだったわけですが、そこはコロンビア代表との力関係を考慮して「大丈夫だろう」と考えたのはなんとなく理解できました。

以上。


サッカー ブログランキングへ




スポンサーサイト

Posted on 2018/06/29 Fri. 23:30 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« サッカーロシアW杯「対ベルギー戦」プレビュー&「正々堂々と戦う」とは何ぞや的な  |  サッカーロシアW杯「日本代表対セネガル代表」感想文 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/468-270b78b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30