FC2ブログ

サッカーロシアW杯「日本代表対ベルギー代表」感想文 

この大会が始まる前に「アメリカンニューシネマ的な戦い方に期待」と書きましたが、このベルギー戦はある意味そのように戦えたと感じてます。もちろん、それを狙ったわけではなく、たまたま結果的にそうなっただけなんでしょうが、たまたまでもそう戦うことは難しかったと思うわけで、まずはそのように戦えたことを評価したいです。

本田と香川の「奴隷からの開放」も演出できた気はしますし、この試合に限らず総合的に考えても西野監督はベストな戦い方ができたのではないでしょうか。もちろん、このベルギー戦に勝てる可能性はあったと思いますし、それが本当のベストだったのでしょうけど。

で、この試合の一つのポイントは「2-0からの戦い方」にあったかと思いますが、ポーランド戦のように試合を殺しに行けば勝てた可能性もあったと考えてます。

例えば、試合終了間際のコーナーキック。弱者ならあそこはショートコーナーで時間稼ぎして延長狙いがベストだったと思いますが、そのようなプレイは行わずに本田選手がまともに蹴って、GKがキャッチ。で、カウンターから失点して、ジ・エンド。

本田選手は、なぜ、時間稼ぎをしなかったのでしょうか。攻撃的なアティテュードが大事だったから? アンチフットボールなんてチョイスはなかったのか。

本来、サッカーというスポーツには「ポーランド戦のラスト」のように勝ちにこだわるための策を打つという戦い方もあると思っているのですが、本田選手の最後のあのプレイはポーランド戦の戦い方に対する一部の世論からのバッシングが影響したのかもしれません。

というか本田選手のプレイに限らず、西野監督の采配もその他の日本選手の戦い方も同様の影響があったのではないでしょうか。


もちろん、「ポーランド戦の最後」のことなんてまったく関係なく、単なるベルギー代表との力の差の問題だけだったのかもしれません。

ただベルギー代表に勝つには、2-0になった時点でクソみたいに時間を稼ぐなど、アンチフットボールに徹して試合をぶっ壊すくらいの「勝ちにこだわる戦い方」をすべきだった気はしてます。まさにポーランド戦の最後のような。みんなに嫌われるような戦い方を。


西野監督やサッカー日本代表のみなさんが「そういうアンチフットな戦い方」を選択しなかったことに対しては、別に不満はありません。

なぜなら冒頭で述べましたように、このチームは成り立ちの経緯から考えて「アメリカンニューシネマ的な戦い方」を行うのがベストであると思っていたからです。


サッカー ブログランキングへ




スポンサーサイト

Posted on 2018/07/03 Tue. 07:32 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« サッカーの未来は明るいのか?  |  サッカーロシアW杯「対ベルギー戦」プレビュー&「正々堂々と戦う」とは何ぞや的な »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/470-a096d4d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30