FC2ブログ

練習試合「チェルシー対インテル」感想文 アザールシステムからの決別? 

単純にフォーメーションだけ見れば、モウリーニョがチェルシーに復帰したときのイメージに近いですが、きっと哲学的なところは違うのでしょう。3バック以前のコンテ時代にも近い気もしますが、要はフォーメーションだけ見れば4バックの「4-3-3」でしたね。まぁ、これがすべてなのかはわかりません。まだ1試合しか見てないし、メンバーもテスト中である感じでしたので。

ただ、この試合を見た感じではコンテの5バックとは明らかに違ってました。この試合のスタイルがデフォルトなら「ウイングバック⇒サイドバックに変更」「ウイング⇒中盤の守備もある程度課す」といったあたりは昨年からの大きな変化となる感じですかね。

守備。昨年までのリトリートメインから、「前から積極的なプレス」するスタイルに変化したようには見ていて感じられました。FWとMFが連動したプレスを仕掛けるスタイルとでもいいますか。もちろん、ボールの位置によって前からプレスしたりリトリートしたりするんでしょうし、そういう前からプレスするスタイル自体は別に新しくもない戦術なんでしょう。ただグアルディオラのチームみたいな「ボールを奪われた瞬間にプレスして、相手に絶対ポセッションさせない」的なスタイルではないようにも感じました。

攻撃。いわゆる「ボランチを経由するスタイル」になる感じでしょうか。少なくとも「カウンター頼み」なサッカーではないようには感じました。ボランチというか中盤が攻撃に絡んでウイングにボールを預けてから仕掛けるサッカー? サイドバックも、それなりに攻撃に絡む感じで、モウリーニョがある時期やってた「センターバックを4枚並べる」最終ラインでないのは確かですかね。

というわけで、現状、気になる点をいくつか。

・アザールがチームに残るかわかりませんが、どちらにせよ「アザールシステムからの決別」は実行されるのでしょう。
・ここでいう「アザールシステム」とは彼の攻撃力を活かしつつ、守備の負担を軽減する戦術のことを指すわけですが、サッリがウイングにアザールを 配した場合に彼が活きるのか? まぁベルギー代表と同じくらいには活躍できるんでしょうし、モウリーニョスタイルみたいに「ウイングが相手サイドバックをガチで見る」感じではないようなので問題はないか?
・中盤の底はジョルジーニョで決まりなのかわかりませんが、そうなるとカンテはどうなるのだろう。つまりカンテとジョルジーニョの共存という形はあるのか。きっとあるんでしょうけど。
・サイドバックは攻撃力に比重置くのかしら? とすると昨年までウイングバックだった2人がそのままサイドバックにスライド? とすると、我らが大将アスクリピエタはどうなる?
・バカヨコとかドリンクウィーターとかって、あまりポゼッションスタイルに向いてない気もするけど、彼らにチャンスはあるのか? この試合の前半スタメンだったバークリーあたりは、逆に比較的フィットしそうなイメージはありますが…。ポゼッションならセスクも合いそう?
・4バックでボランチが攻撃的でセスクとか配したり、アザールウイングというスタイルって、モウリーニョ時代にもやって失敗したイメージがあるけど、大丈夫? 
・というか、これからもっと補強するので、中盤やウイング、サイドバックの人選は大きく変わるのか。


サッカー ブログランキングへ




スポンサーサイト

Posted on 2018/07/29 Sun. 16:04 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« ロシアW杯「日本代表対ポーランド代表」のボール回しと、ゲーム理論  |  サッカーロシアワールドカップ総括 ハリルがボランチを経由させない理由なんて知らない   »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/477-0eaf272f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30