FC2ブログ

【海外ドラマ×洋楽温故知新】Netflix「ビリオンズ」☓Bスプリングスティ-ン「アトランティック・シティ」  

また「ビリオンズ」から、シーズン4の第3話「チキンマン」。冒頭にブルース・スプリングスティーン「アトランティック・シティ」が使用されている。

この歌は「フィラデルフィアのチキンマンが昨夜やられて」という歌詞から始まる歌なんだけど、そのチキンマンって単語を掛けているんですね。

チキンマンって、弱虫男って意味? 

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」的な使われ方ならそうなのかもしれないけど、スプリングスティーン的にはフィラデルフィアの闇世界の人「The Chicken Man = Philip Testa」のことを指しているらしい。以下参照。

https://denihilo.com/bruce-springsteen/atlantic-city

スプリングスティーンは中学生くらいに例のあれがヒットして、過去のアルバムまで遡って聴いた口ですが、正直、歌詞やその内容まで味わっておりませんでした。なので「ネブラスカ」は、アコーティスクックの渋いアルバムで、ロックでないくて退屈くらいにしか思ってなかったのですが、このアトランティック・シティのメロディは何となく覚えておりました。ネブラスカって、ユーアンドアイで借りてカセットテープで数回聴いたくらいかな? 

で、今の時代はインターネットという便利なものがあるので調べるといろいろ出てくるのですが、以下の映画『地獄の逃避行』やフラナリー・オコナーに関する記事は興味深い。

黙殺された闇の声――『ネブラスカ』が語るもの
http://c-cross.cside2.com/html/g30su001.htm

というわけで、改めて今こそ歌詞の意味も考えながら「ネブラスカ」を聴き直すというのもありな気もしますが、正直そこまでして聴きたいとも思わなかったり。

ちなみに、話を海外ドラマ「ビリオンズ」に話を戻しますと、そのドラマでの「チキンマン」は文字通りに「鶏の飼育係」というか「養鶏の価格を決める人」という意味。まぁ、別にスプリングスティーンの歌詞の意味なんて知らなくても十分に楽しめるんだけど、一応。
スポンサーサイト



Posted on 2019/08/12 Mon. 16:04 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« スーパーカップ「リバプール対チェルシー」感想文 ジョルジーニョシステム復活?  |  プレミア「マンチェスター・ユナイテッド対チェルシー」感想文 まるで昇格チーム? »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/529-56654b5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2019-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30