fc2ブログ

欧州チャンピオンズリーグ決勝「チェルシー対マンチェスター・シティ」感想 個々の守備意識 

ダイジェストしか見てませんが、久々に雑感を。

前に書いたように個人的にダ・ゾーンの契約が12月に切れて、そこからほとんど試合みてないかったのですが、監督交代が一応の成功を見せたと言っていいのでしょう。

ランパード監督時代と比較すると、トゥフル監督によって守備の戦術が改善されたのはもちろん、選手個々の守備の意識が高くなったことが結果に結びついたのかなと、この試合のダイジェストを見てまず感じました。

ゾーンディフェンスの弱点は、ざっくり言うと「個人の守備範囲」や「個人の守備役割」の境界線を付かれることかなと思っていて、個々の守備の意識が高くないと、境界線の守備に関して「俺はそこのエリアの守備は関係ない」とか「その守備はお前の役割だろ」みたいな責任転嫁が発生すると思うわけです。なぜなら、チーム内の何人かの選手は「だって、なるべく守備したくないんだもん。攻撃したいから」という本能でプレイしてしまうことが多く、その結果としてある部分のゾーンが崩壊したりフリーな選手をメイクしてしまい、結果として失点してしまうんですよね。ランパード時代のチェルシーにも、そういうのはよくありました。ですが、今のトゥヘル監督のチェルシーは、そこが違うんです。多くの選手たちは、「このスペースが危ない」とか「この選手をフリーにするとやばい」的な意識が働いてプレイができている感じで、個々の境界線の守備もしっかりと綻びなくできているとでもいいますか。で、そこが試合に勝てるようになったポイントと言えると思うわけです。

もちろん守備しているだけでは、試合に勝てないわけで、攻撃の意識だって捨ててないのがトゥヘル監督のチェルシー。そういう守備の意識を備えつつ、前線の選手は相手の急所を付く的確な攻撃ができている感じでした。そもそも、今季、攻撃の技術の高い若い有望な選手をたくさん補強したチェルシーだったわけですが、そういう技術ある選手に攻守のバランスの考慮した人員の配置と、同じく攻守のバランスを考慮した戦術を叩き込んだ監督の力は見事というべきでしょう。

というわけで、守備戦術をベースにした監督の力量によって、見事、欧州チャンピオンズリーグというタイトルを獲得できたチェンルシー。立役者のトゥヘル監督はもちろん、選手のみなさん、アブラモビッチオーナーほか、関係者のみなさま、おめでとうございます。監督の途中交代からの復活劇というチェルシーのお家芸を見せていただき、本当にありがとうございました。見事でした。

チェルシーの歴史から考えますと、この復活劇はあくまで一過性のもので、「長くは続かない」ことはファンも百の承知ではありますが、その予想を覆して「来年も欧州CL上位に残れるような長期的な強いチーム」として継続できることをお祈りしております。


サッカー ブログランキングへ



スポンサーサイト



Posted on 2021/05/30 Sun. 21:36 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 「五輪開会式作曲担当 小山田圭吾さん “過去のいじめ告白”謝罪」について私見  |  ランパード解任に寄せて »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://chelseableu.blog.fc2.com/tb.php/565-236feb27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2022-07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31